Treasury Insights

海外子会社・孫会社統治における「裏取り」

海外の子会社や孫会社の突然の損失や不正によって、日本の大企業の運命が変わることが珍しくありません。海外拠点はブラックボックスになりがちですが、IT を使ってキャッシュのデータを取得し、子会社の報告を裏取りできるようにしておくことが必要ではないでしょうか。また、最近の海外子会社の監査事情を見ると、監査報告についても鵜呑みにせずに見るようにしておいた方がよいようです。

 

1.今後も避けて通れない海外企業の統治~裏取りの必要性

More >>

石黒 直裕 |
5月 25, 2017

送金のリスクを減らす

*本ブログは2016年7月の英語記事を日本語訳したものになります

More >>

Bob Stark |
4月 10, 2017

リスク管理の巧拙を左右するトレジャリー・ポリシーとテクノロジー

*本ブログは2016年10月の英語記事を日本語訳したものになります

More >>

Tom Gavaghan |
3月 21, 2017

インフォグラフィックスで見る財務部門の抱える課題

2016年9月に実施したサーベイの結果、事業展開のグローバル化が進む中、財務部門が抱える課題が明らかになってきました。

More >>

キリバ・ジャパン マーケティング |
1月 9, 2017

【マイナビ連載第3回目】グローバル財務管理を実現するキリバのソリューション、その実力とは

マイナビニュース連載特別企画(3回連載)の第3回目の記事が掲載されました。是非ご覧ください。

【連載特別企画】会社の将来に向けたグローバル経営基盤強化術 ”ヒト・モノ・カネ”の「カネ」を再考する
 第3回:グローバル財務管理を実現するキリバのソリューション、その実力とは

More >>

キリバ・ジャパン マーケティング |
12月 7, 2016

TMSの本当の価値とは?

*本ブログは2016年5月の英語記事を日本語訳したものになります

トレジャリー・マネジメント・システム(TMS)の価値は、ここ数年で大きく変わりました。TMSの導入目的は、数年前までは、業務効率を改善し、生産性を向上し、作業時間を削減することが全てでした。これらは財務担当者個人にとっては依然として重要なことですが、財務部門全体やCFOの観点から見ると、時間の削減はあまり大きな意味を持ちません。

More >>

Bob Stark |
11月 9, 2016

ページ