導入事例・企業一覧

キリバのソリューションは世界中で1,600社を超える企業に採用されており、中小企業からフォーチュン500企業まで、グローバルに財務管理を実施する、あらゆる業種と企業サイズの多国籍企業が導入しています。国内でもコニカミノルタ社や、日清食品ホールディングス社、大手製造業(連結売上高9500億円以上)や大手アパレル企業にもご採用いただいています。キリバは、98%以上の顧客満足度を誇る財務管理資金管理ソリューション・プロバイダーです。

海外での導入事例はこちら>>

 

  • 株式会社JVCケンウッド様のロゴ

    株式会社JVCケンウッド様

    世界20カ国以上で事業を展開、連結子会社は70あまりに上るJVCケンウッドでは、これら国内外子会社の資金を可視化し、集約することで、有利子負債を圧縮し、M&Aなどの成長戦略に活用することを目指している。その実現のために、同社が導入したのが、クラウド型財務管理ソリューション「キリバ・エンタープライズ」だ。

    続きを読む>>

  • DIC様のロゴ

    DIC 株式会社様

    世界トップシェアのインキ、有機顔料のほか、合成樹脂、電子向け材料などを手がけるDICは、海外企業の買収などに伴い、資金効率の向上とリスク管理の強化が課題になっていた。その解決のために、同社が選んだのが、クラウド型財務管理ソリューション「キリバ・エンタープライズ」だ。

    続きを読む>>

  • コニカミノルタ様のロゴ

    コニカミノルタ株式会社様

    コニカミノルタは、グローバル財務管理基盤の構築を目指して「キリバ・エンタープライズ」を導入。資金の可視化によるキャッシュの半減、効率的な為替リスクヘッジ、国内関係会社間決済のキャッシュレス化など、多方面にわたる成果が現れた。

    続きを読む>>

  • 不二製油グループ本社株式会社様のロゴ

    不二製油グループ本社株式会社様

    食品業大手の不二製油グループ本社株式会社は、2015年10月の持ち株会社体制以降、より一層グループ力を結集したグループ経営を目指しています。グループ本社体制を早期に確立するため、短期間で導入が可能なSaaS型トレジャリーシステムのベストソリューションとしてキリバ・エンタープライズを導入致しました。資金の可視化と予測、グループ内外の借入と為替リスクの管理に着手し、これにより、資金効率向上、グループ会社間における財務情報の共有・ガバナンス強化という全方向での財務管理を高度化し、経営基盤の整備・強化を行います。

  • サントリー食品インターナショナル株式会社様のロゴ

    サントリー食品インターナショナル株式会社様

    サントリー食品インターナショナル株式会社は、グループにおける資金ポジション管理機能を向上させるため、グループ会社で導入実績のあったキリバ・エンタープライズのSaaS型トレジャリーシステムをグループ本社にも導入。

    海外グループ会社の銀行口座残高を日次でタイムリーに把握することで、グローバル全体の資金ポジションを可視化し、財務リスクへの牽制体制を構築するとともに、資金予測精度を高めてグループ内での更なる資金効率化の可能性を探る。

  • 株式会社荏原製作所様のロゴ

    株式会社荏原製作所様

    株式会社荏原製作所は、グローバル展開のサポート機能強化のため、SaaS型トレジャリーシステムのベストソリューションとしてキリバ・エンタープライズを導入しました。リアルタイムで海外子会社の資金の可視化やモニタリングの強化を実施し、全体最適を追求する財務業務の高度化を推進していきます。

  • トランスコスモス株式会社様のロゴ

    トランスコスモス株式会社様

    トランスコスモスは、米州・欧州・アジア太平洋地域を中心に世界31ヶ国でBPOサービスを提供しており、今後もさらにアジア市場を中心にグローバル展開を加速していきます。

    このグローバルな事業展開に伴うモニタリングや統制機能を強化するため、SaaS型トレジャリーシステムのベストソリューション、キリバ・エンタープライズを導入しました。

  • オンキヨー株式会社のロゴ

    オンキヨー株式会社様

    オンキヨー株式会社はグローバルな財務ガバナンスの強化を実現するために、トレジャリーシステムのベストソリューションとして、キリバ・エンタープライズを導入。国内外20以上の銀行と接続し、資金を可視化することで、海外子会社のガバナンスを強化。将来的には支払い業務を自動化、為替エクスポージャ管理など、財務業務の更なる高度化を推進。

  • 株式会社バイテックホールディングス (VITEC HOLDINGS CO.,LTD.) のロゴ

    株式会社バイテックホールディングス様

    エレクトロニクス総合商社の株式会社バイテックホールディングスは、2015年10月の持株会社化により会社を分割。財務部門の大幅な業務効率化を実現するために、クラウドベースのトレジャリーマネジメント(財務管理)アプリケーションであるキリバ・エンタープライズを導入。海外金融機関も含めた資金管理を短期間で実現できること、管理対象地域を順に増やしていけること、業務を順次システム化していける点を評価。さらなるグローバル展開への成長戦略に備え、キリバを利用した資金の可視化、資金繰り予測およびプーリング、為替管理を実現。

  • ピジョン株式会社のロゴ

    ピジョン株式会社様

    ピジョンは、強固なグローバル財務基盤構築のため、マルチバンクのトレジャリーシステムのベストソリューションとして、キリバ・エンタープライズを導入。キャッシュフロー重視の経営を推進するべく、財務業務の高度化及び効率化、グローバルでの資金の可視化、資金繰り精度の向上に取り組む。今後は、為替管理やグローバルでのプーリングにも注力し、グローバル・キャッシュ・マネジメントの確立を通じた企業価値向上に努める。