ローランド ディー.ジー.株式会社、グローバル財務管理システムとしてキリバを導入決定

Press Release

グローバル財務管理に特化した製品を展開するキリバ・ジャパン株式会社(以下キリバ、日本法人:東京都渋谷区、代表取締役社長 桑野 順一郎)は日本の業務用大型プリンター大手、ローランド ディー. ジー.株式会社(以下ローランドDG、静岡県浜松市、代表取締役兼執行役員社長:冨岡 昌弘)のグローバル財務管理システムとして導入されることが決まりました。

導入背景

資金の分析やレポートティング機能を充実させ、キャッシュ・ポジションの可視化を目指すローランドDGの考えとキリバのソリューションが合致し、導入に至りました。キリバ・エンタープライズがクラウド型で、従来のオンプレミス型システムと比べ導入コストが飛躍的に低いこと、そして短期導入が可能だということも導入決定の一因となりました。

導入メリット

キリバ・エンタープライズ(資金&流動性モジュール)の導入により、ローランドDGはキャッシュ・ポジションの可視化を実現し、以下のようなメリットが見込まれます。

  • グローバルキャッシュポジションの可視化し、資金繰り予測の精度向上
  • ERPとの連携でForecastingデータの収集の業務コスト削減
  • モニタリングと自動化による統制リスク管理強化

キリバについて

財務管理・資金管理システムをクラウドで提供しています。既に800社を超える企業で採用されており、クラウド型財務管理ソリューションとして業界No.1の実績を誇ります。
エクセルなど手作業による非効率な資金・財務管理業務を自動化し、管理主体の財務部門を戦略的な組織に変える支援を行います。

米国Kyriba Corporation、株式会社サンブリッジコーポレーション、マーク・ベニオフ(セールスフォース・ドットコム社 会長兼CEO)、スティーブン・シン(コンカー社 創業者兼CEO)が共同出資し、日本法人は2012年に設立されました。

ローランドDGについて

ローランドDGは、コンピュータ周辺機器メーカーとして、長年に亘って培ってきたデジタル技術を駆使し、自由な発想によりユーザーニーズに即応した「カラー(Color)」「3D」「カッティング(Cutting)」等の製品群を市場にいち早く提供するとともに、開発・製造・営業の連携を強力にすることでハイスピードで変化する市場を常にリードしてまいります。

本件に関するお問い合わせ先

キリバ・ジャパン マーケティング
03-6321-9454
[email protected]