キリバ、NTTデータのグローバル資金管理中継サービス「GGAPS®」の サービス提供開始

Press Release

キリバ・ジャパン株式会社
2017年8月23日

キリバ、NTTデータのグローバル資金管理中継サービス「GGAPS®」の サービス提供開始

~国内銀行への接続強化により、国内外における銀行口座の統一管理が可能に~

  クラウド型財務管理ソリューションのリーダーである米キリバの日本法人、キリバ・ジャパン株式会社(本社東京都渋谷区 代表取締役社長:佐伯和聖、以下キリバ)は、同社のグローバル資金・財務管理ソリューション「キリバ・エンタープライズ」の国内銀行接続機能として、株式会社NTTデータ(本社東京都渋谷区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下NTTデータ)によるグローバル資金管理中継サービス「GGAPS®」の提供を開始いたしました。

   GGAPS®サービスは、eBAgent®と連携し、ANSER®*1やファイル伝送サービスを通して複数銀行から円口座情報を取得し、国際標準フォーマットであるISO20022に変換し提供するゲートウェイサービスです。NTTデータは、2016年より、グローバル・キャッシュ・マネジメント(GCM)サービスを提供する事業者にGGAPSサービスの提供を開始しています。 キリバはこの度のGGAPS®サービス採用により、日本国内外・複数金融機関、多通貨にわたる口座残高情報および支払指示を一元管理するしくみなどを提供することが可能となります。

  資金効率化により最適な資本構成を実現することは重要な経営課題ですが、そのためには、資金の可視化範囲を広げ、可視化頻度を高め、機動的に資金移動を行うことが重要です。また、資金管理はシステム化による生産性の向上が不可欠である一方で、国内で十分な機能を提供する国内銀行のCMS*2は海外への適用が困難であり、海外ベンダーのTMS*3は国内金融機関に対して十分なコネクティビティを持たないため、日本企業のニーズに対応するシステムを探すことが課題となっています。結果として、日本国内の企業は資金効率化に制約を持ち、高コストで非効率な運用を余儀なくされているという実態があります。  この度、海外金融機関との接続に強みを持つキリバと国内の金融機関との接続に強みを持つNTTデータとの協業により、これまで以上に多くの日本企業に対して、資金効率化を通じた企業価値向上の実現をサポートすることが可能となりました。

  キリバ・ジャパンの代表取締役社長、佐伯和聖は次のように述べています。「キリバは2000年にTMS事業を開始して以来長年に渡り、銀行や外部システムとの連携を積極的に行なってきました。 現在では世界の1,000行に及ぶ銀行と接続が実現され、今後もさらに増加予定です。これがキリバ・エンタープライズがグローバルで約1,600社に採用されている理由の一つです。 NTTデータのGGAPS®サービスとの連携は、このキリバ・エンタープライズと銀行との接続性を、今まで以上に高め、リアルタイムでの残高管理、資金予測、支払指示等が可能となり、更なる資金管理高度化に寄与すると考えています。 この提携がキリバの今後のビジネス成長を加速すると期待しております」

*1  ANSER® (Automatic answer Network System for Electronic Request) 金融機関の窓口やATMで行っていた金融取引(残高照会や入出金明細の連絡、顧客の口座からの振込・振替など)を会社や自宅、外出先などでも利用できる、NTTデータのサービス。顧客は固定電話・携帯電話・パソコンなどさまざまな端末を利用することができます。
*2 CMS (Cash Management System)
*3 TMS (Treasury Management System)

  ■eBAgentとは
企業の財務システムからANSERやファイル伝送サービスに接続し、直接データ連携を行うことで、グループ全体でのリアルタイムな資金管理を実現するインフラを提供するマルチバンク型のASPサービス。手作業によるリスクの軽減や業務効率化が図れ、財務報告の信頼性確保や経営の効率化にも大きく貢献します。

eBAgentの詳細はこちら(外部サイト)  http://www.ebagent.jp/index.html

【GGAPSサービスの概要】

1.円口座のリアルタイム照会
円口座の照会情報をリアルタイムに確認し、より迅速に資金管理を行うことが可能です。

2.人手を介さずに円口座情報の見える化を実現
国内外で取引を行う企業は、国内外の口座情報を一元的に確認するためには、これまで自ら円口座情報を取引銀行から取得しGCMサービスに投入する必要がありましたが、人手を介さずに円口座情報の見える化を実現することができます。

3.円口座のリアルタイム支払い
円口座からの支払情報を送信し、リアルタイムでの支払を実現します。

【キリバについて】
  財務管理・資金管理システムをクラウドで提供しています。世界で1,600社以上の企業で採用されており、クラウド型財務管理ソリューションとして業界No.1の実績を誇ります。 エクセルなど手作業による非効率な資金・財務管理業務を自動化し、管理主体の財務部門を戦略的な組織に変える支援を行います。米国Kyriba Corporation、 株式会社サンブリッジコーポレーション、マーク・ベニオフ(セールスフォース・ドットコム社 会長兼CEO)、スティーブン・シン(コンカー社 創業者)が共同出資し、日本法人は2012年に設立されました。
キリバを活用してどのように会社に戦略的な付加価値を提供していくのかについては、[email protected] までメールをいただくか kyriba.jpにアクセスしてください。

※「GGAPS」「eBAgent」「ANSER」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。

※Kyriba、およびKyribaのロゴマークはKyriba Corporationの登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。

【本プレスリリースに関するお問合せ】
キリバ・ジャパン株式会社 マーケティング 大徳
Tel: 03-6321-9454