統制とコンプライアンスの向上

コンプライアンスはいつの時代でも財務部門の重要な役割の一つでした。企業が海外展開し、グローバル・レベルでの取引があたりまえになってきた今、財務部門が順守しないといけない金融規制の数は飛躍的に多くなりました。

キリバは、各国の規制の順守を管理しプロセス化することができます。各ユーザーの役割を定義し、様々なクライテリアの基にアクセス制限を設けることができます。ワークフローの各ステップ毎に承認フローを設定できるので、トランザクション毎に監査証跡を記録することができます。

キリバのプラットフォームは、以下のような、ヨーロッパと北米の、口座、銀行業務、支払、報告制度の全ての主要規制に対応しています:

  • SEPA
  • ドッド・フランク法(Dodd-Frank) / 欧州市場インフラ規制(EMIR)
  • FAS157 / IFRS 7および13
  • FAS133 / IAS39 / IFRS9
  • FBAR(海外銀行と金融口座に関する報告書)
  • SOX法 302/404

キリバはクラウド型ソリューションなので、現時点での規制だけに対してではなく、将来発行されるであろう規制に対しても随時対応していきます。これらのアップデートは無償で、貴社のリソースをかけることなく提供されます。

 

おすすめのホワイトペーパー

リスク

『キリバで不正を防止する』

企業はますます不正攻撃の標的となっています。しかも犯罪者が使う手口はさらに洗練されたものになっています。財務業務を安全に行うために財務担当者は、不正リスクが潜む分野について理解しておく必要があります。本ebookでは社内外の多数のリスクとその防止策について詳細に説明いたします。(日本語)

続きを読む>>