資金・キャッシュの最適化

財務管理者の一番重要な役割は財務業務と支払業務の最適化です。プロアクティブ・トレジャリー・マネジメントは財務部門を以下のように変えることができます

正確な資金ポジションの把握

疑わしいデータや、間違いがあるかもしれないスプレッドシートを基にした予測では意味がありません。財務部門はPTMによって、何処に、いくらのキャッシュをもっているか正確に把握することができます。これによって中長期的な資金繰り予測を正確にぶれなく行うことができます。

クアルコム社がキリバを使いどのように正確な資金の可視化を行っているかご覧ください

効果的な財務戦略の立案

キャッシュ・ポジションの正確さと資金繰り予測の精度が上がると、財務部門は戦略的決断を下しやすくなります。ブレればブレるほど、万が一ブレた時の分の資金を銀行口座に「休眠預金」として置いておかねばなりません。結果、戦略的決断の選択肢の幅が狭まります。企業が持つ現在と将来のキャッシュ・ポジションを詳細レベルで正確に把握できると、そのような休眠預金を最小限にできますので、財務部門は保有する資金を有効活用できるようになります。

支払の効率化

企業は毎日数多くの支払を実行します。多くの場合、複数の銀行を使い、海外送金をすることもあります。PTMによって、支払を期日内に履行するために流動性を確保したり、支払プロセスを集中化するためにペイメント・ファクトリーを構築する、といったことができるようになります。支払プロセスは、効率的かつ統制のとれたものになります。

 

おすすめのホワイトペーパー

ペイメント

『ペイメントハブのビジネスケース』

支払不正は、財務担当者の評価やその後のキャリアパスに影響を及ぼす大きなリスクの一つです。一口に支払と言っても複数の支払プロセスがあり、このことが不正の機会を生み出しているのです。ホワイトペーパーでは2つのソリューションの概要とそれぞれの利点についてワークフローとセキュリティの観点から取り上げます。

続きを読む>>

資金繰り予測

『資金予測を完全なものに:企業価値を高める』

昨今の変動の激しい金融環境や、企業や銀行に対する規制の強化など、予測の精度を高めないといけない理由は数多くありますが、いずれにしても正確な資金予測が、最終的な財務パフォーマンス、ひいては企業価値に直結していることは間違いありません。

続きを読む>>

資金の可視化

『グローバル資金の100%可視化に向けた4つのステップ〜』

財務担当者とってキャッシュバランスとリスク・エクスポージャーについて見えてないことが最優先課題であり、かつ非常に大きなチャレンジです。このホワイトペーパーではグローバル資金100%可視化を実現するための簡単な4つのステップをご紹介します。

続きを読む>>

資金繰り予測

『資金繰り予測のベストプラクティス〜短期資金繰り予測で注意すべき点とは〜』

資金繰り予測の精度向上については、どの企業でも課題になっていることと思います。このホワイトペーパーでは資金繰り予測精度をなぜ向上すべきか、そして、どのように向上すべきかを詳しく解説します。

続きを読む>>