運転資本の有効活用

財務部門はこれまで「コスト・センター」だと認識されてきました。キリバのプロアクティブ・トレジャリー・マネジメント(PTM)により、財務部門は金銭的価値を生み出すことができるようになります。運転資本が最適化され、リスク要因が効果的に管理されることにより、資金は会社のために十分に回転して、さらなる事業価値を創出することができます

戦略的な示唆の発見

キャッシュ・ポジションと予測を、精緻に、かつ、多面な切り口から把握すると、戦略的なヒントや分析結果が得られて、財務部門は、従来の「財務」の範疇を超えて会社に貢献できるようになります。例えば、パフォーマンスのよくない事業を支援するために、余剰資金を活用して、サプライチェーンファイナンス・プログラムを立ち上げたり、買収を検討している企業のキャッシュ・ポジションを分析するなど、PTMによって、財務部門は他の部門に対しても全社的に貢献することができます。

企業成長の加速

企業は常に成長し続けなければいけません。しかし、企業は資金がないと成長することができません。財務部門が余剰資金を効果的に、戦略的に使うことができれば、財務部門は目に見える具体的な資産価値を提供でき、企業の成長を下支えできます。

財務収益の最大化

財務部門は本来コスト・センターであるべきではありません。効果的な財務管理ツールを通して、財務内容を正しく把握、分析することは、単なる「キャッシュ・マネジメント」よりはるかに大きなメリットを企業に提供できます。企業の資金を効果的に稼働させることにより、財務部門は以下のようなエリアで企業に貢献できます:

  • シェアード・サービス・モデルの導入
  • 経済動向の予測
  • サプライチェーンの最適化
  • 営業支援
  • M&A分析
  • 市場シェア拡大、新規参入
  • ビジネス・インテリジェンス

運転資金管理を改善することによって、企業に対して大きな付加価値を提供できる、よりプロアクティブな財務部門になるのです。

 

おすすめのホワイトペーパー

Cover Image "The Treasury Mandate: A Strategic Partner for Unlocking Business Value"

『資金管理のベスト・プラクティス』

CFOや、財務・資金管理担当者に期待される役割は、日々の取引処理の実行だけではなく、経営戦略の立案・参画や、それにともなう資金の調達や配分など多岐に渡ります。このホワイトペーパーではどのように効率的にグローバル財務・資金管理を行うべきか解説します。

続きを読む>>

Cover Image "International Cash Management"

『グローバル・キャッシュマネジメント:財務担当者のためのベスト・プラクティス』

財務は、企業の全体的な成長および発展において重要な役割を果たしています。財務機能は、リスクを軽減し、安全で流動性のある投資先を見つけ、M&Aのリスクとリターンを専門知識を提供し、評価し、戦略的な意思決定に大きく貢献することができます。

続きを読む>>

 

キリバのグローバル財務管理ソリューションが財務業務をどのように変革できるか是非ご覧ください。