Treasury Insights

資金繰り予測の精度向上 ~ ある日のイマジネーション ~

■強烈なモヤモヤ感

 これは先日訪問したあるお客様の言葉です。欧米の企業に比べて日本企業では財務業務に対するIT投資が進んでいないことは、いろんな場面で指摘されていますが、このお客様の会社も同様で、その方は経理部門でのキャリアが長く、財務部門に異動したときに、そのデジタル化されていない徒手空拳なやり方に尋常でないモヤ感じると言われました。そして、なぜなんでしょうね、と。

More >>

屋形 俊哉 |
10月 16, 2018

ビジネスメール詐欺から企業価値を守る方法

ビジネスメール詐欺の脅威が増大しています。AFP(Association for Financial Professionals)の調査1によると、2017年にビジネスメール詐欺を経験した企業は77%と史上最悪の水準を記録しています。一件あたりの被害も高額化しており、2016年には 4000万ユーロ(約46億円)を詐取された事件も発生しています。深刻な問題は、多くの企業が行なっている支払業務プロセスでは、ビジネスメール詐欺を未然に防ぐことが難しい点にあります。
 

More >>

長瀬 大 |
10月 11, 2018

「キーワードはグローバル、リアルタイム、ボーダレス」

※本記事は本記事は2018年9月21日の東洋経済新報社主催のセミナーでの弊社の小松社長の講演内容がベースとなっています。
 
■先の見通せないVUCAの時代
 

More >>

屋形 俊哉 |
9月 26, 2018

トレジャリー・マネジメント・システムに「パブリック・クラウド」の仕組みを選択すべき3つの理由

 

トレジャリー・マネジメント・システムを選定・導入する際に、その仕組みが「パブリック・クラウド」の仕組みであるかどうかを確認することを忘れてはなりません。

 

More >>

白鳥 利幸 |
9月 25, 2018

財務業務にスプレッドシートを使用した場合の3つの想定外のリスク (Infographic)

財務業務にスプレッドシートを使用した場合の3つの想定外のリスク

スプレッドシートに伴う問題は度々指摘されています。それでも多くの財務担当者は、財務業務全体を運営する際、この欠点を今も見落としています。

More >>

Erik Bratt |
8月 24, 2018

資金効率化にどう取り組むか? - キャッシュマネジメントにおいて日本企業が陥りがちな過ち

 多くの日本企業で、グループの資金効率化において「キャッシュマネジメント=キャッシュプーリング」という認識があると思われます。そして、日本企業が多く進出しているアジアでは各国の外為規制等によりクロスボーダーで資金集中を行うことに極めて制約が多く、アジアではキャッシュマネジメントは事実上できない、だから取り組む必要性もない、という認識が多いという声も聞きます。
 

More >>

下村 真輝 |
8月 22, 2018

ページ