Treasury Insights

調査報告:「事業のグローバル化に伴う財務・リスク管理体制の実態と課題」(2019年5月実施)

弊社では、日本CFO協会に登録されている企業の方を対象に「企業のグローバル化に伴う財務・リスク管理体制の実態と課題」を把握することを目的として、2019年5月にアンケート調査を実施いたしました。 

前回は2016年9月に実施し、そこからどのように変化があったかについてもいくつかの特筆すべき点においてご紹介いたします。

 

More >>

大徳 貴子 |
8月 9, 2019

「財務管理」から「トレジャリーマネジメント」へ

「財務管理」から「トレジャリーマネジメント」へ
財務管理は、従来の伝統的な財務業務で、主に資金ショートをしないよう資金繰りを管理して、支払いをもれなく行う定型業務を指しています。一方、トレジャリーマネジメントは、さらに進んだ付加価値業務で、グループ全体の資金を最適活用する手立てを考え実行し、その資金をもとに企業の戦略の実行に対して経営の支援をするものです。

More >>

大徳 貴子 |
7月 25, 2019

インハウスバンク接続機能*は、5つの意味でリスクとコストの増大につながる

*インハウスバンク接続機能とは、自社開発による会計システムと銀行との接続機能をさします。

More >>

Bob Stark |
7月 23, 2019

エンドツーエンドの為替リスク管理が、為替変動への対応を変える

為替は、多くの多国籍企業に繰り返し影響を与える問題です。安定していた為替市場が一瞬にして想定外の変動を見せ、油断しているヘッジ不足の企業の収益に損害を与えることがあります。その後も、財務部門は多くの場合、為替が財務業績に及ぼす影響や実際のエクスポージャを理解できないままです。

More >>

Wolfgang Koester |
7月 18, 2019

支払い業務 -脚光を浴びることはないけれど、リスクも改善の余地も大きいプロセス-

■2019年6月18日付日経新聞朝刊の記事を目にして
 “海外送金、500万円に制限。ゆうちょ銀行、資金洗浄化対策を強化”(6月18日朝刊)

More >>

屋形 俊哉 |
7月 11, 2019

M&Aにおける財務領域のPMI(Post Merger Integration)でやるべきこと

調査では2018年度の日本企業のM&Aは取引件数/総額とも、過去10年間で最高で、M&Aは日本企業の事業戦略の一選択肢として定着している中、経産省は、「海外M&Aを経営に活用する9つの行動(昨年3月同省発表)」の「別冊編(今月発表)」の中で海外M&AにおいてCFOに期待される行動と役割を明確化しています。
 

More >>

下村 真輝 |
6月 19, 2019

ページ