動画: ライアーソン・ホールディングは最新の財務管理システムで成果を得る

6月 29, 2018
Daniel Shaffer

シカゴのイリノイ州に本社を置く鉄鋼のサプライヤーおよびプロセッサーのリーディングカンパニーであるライアーソン・ホールディング・コーポレーションは、2014年キリバを導入し、手動プロセスを効率化し、財務業務に可視化と統制を取り入れました。最新の財務管理ソリューションを手に入れた今、財務部門は意思決定サポートやビジネスを推進するためのレポーティングを提供することができます。

ライアーソン・ホールディング・コーポレーションのシニア・トレジャリー・マネージャーのリナ・ラウ氏は次のように述べています。「監査役は私たちに質問をすることが大好きです。なぜなら、彼らは私たちがほんの数分で彼らが使うレポートを作れることを知っているからです。」「私たちはよりしっかりした内部統制、SOX法に対応しており、私たちのエグゼクティブに対して全てを可視化して見せることができます。」

「例えば、財務部門の一つの役割として、日々の資金ポジションの提供があります。今までは、これを実現するために一つのインターネットバンキングから別のインターネットバンキングへ移動させる必要がありました。これは、長く手間のかかるプロセスでした。ところが、キリバを導入することによって、財務部門は、百行以上の口座をほんの数分で見ることができるのです。」とラウ氏は述べています。 

アリゾナ州フェニックスで開催されたKyriba Live! 2018 で、キリバは、ライアーソンホールディングのラウ氏の部門が、世界最高レベルの財務管理ソリューションを導入した利点について、ラウ氏に詳しくインタビューしています。下記の動画インタビューをご覧ください。