資金予測

一定期間の入出金を予測して、資金収支のバランスをコントロールし、資金をショートさせず事業継続していくこと話題について掲載しています。

第四回:付加価値を生むこれからの財務業務:シリーズ「財務のデジタル化が企業にもたらすもの ~見る・守る・減らす・増やす~」

これまで「財務におけるデジタル化が企業にもたらすもの」というテーマについて「見る」、「守る」、「減らす」という観点で3回に渡りブログ投稿してきました。今回最終回のテーマは「増やす」という点について言及してみたいと思います。

■財務における「増やす」とは?

「増やす」というのは前向きな言葉ですよね。「増える」は客観的な事象を表す言葉ですが、「増やす」は能動的な言葉です。では、財務部門が能動的に「増やす」ものとは一体何でしょうか?私は「利益」、「信用力」、そして「考える時間」の3つを挙げたいと思います。では、この3つの「増やす」についてもう少し具体的に考えてみましょう。

■「利益」を増やす

伊藤 康博
6月 7, 2019

第二回:「企業価値の番人宣言」:シリーズ「財務のデジタル化が企業にもたらすもの ~見る・守る・減らす・増やす~」

 ゴールデンウイーク前から始まった連載形式でのブログの第二回目、今回は「守り」をテーマに取り上げます。
■「守り」は財務の本業
 財務が守るものと言えば、まず浮かぶのは企業のお金です。
・お金の価値を守る(為替リスク、金利リスク) 
・お金の量を守る(不効率なプロセス、不十分な税務対策、不正なアクセス)
・お金の流れを守る(取引先や金融機関との間での流れ、グループ会社間での流れ)
 
屋形 俊哉
5月 7, 2019

ページ

RSS - 資金予測 を購読