資金予測

一定期間の入出金を予測して、資金収支のバランスをコントロールし、資金をショートさせず事業継続していくこと話題について掲載しています。

第二回:「企業価値の番人宣言」:シリーズ「財務のデジタル化が企業にもたらすもの ~見る・守る・減らす・増やす~」

 ゴールデンウイーク前から始まった連載形式でのブログの第二回目、今回は「守り」をテーマに取り上げます。
■「守り」は財務の本業
 財務が守るものと言えば、まず浮かぶのは企業のお金です。
・お金の価値を守る(為替リスク、金利リスク) 
・お金の量を守る(不効率なプロセス、不十分な税務対策、不正なアクセス)
・お金の流れを守る(取引先や金融機関との間での流れ、グループ会社間での流れ)
 
屋形 俊哉
5月 7, 2019

第一回:「財務業務に必要な3つのレンズ」:シリーズ「財務のデジタル化が企業にもたらすもの ~見る・守る・減らす・増やす~」

 「デジタル」という言葉は二十年以上も前から広く使われていて(時計とかカメラとか)、デジタル化という言葉をはじめて目にしたとき、最新のソリューションやビジネスの話をしているのに今さら「デジタル?」と個人的には感じたりもしましたが、その後、「デジタル化」はソリューションビジネスの必須用語となり、コンセプトも広く浸透し、そして今、数多くの企業がVUCAの時代に勝ち残れるように、あらゆる領域でデジタル化に取り組んでいます。それは企業財務という領域においても例外ではありません。
下村 真輝
4月 24, 2019

経理と財務、似て非なるもの

経理と財務の違いについて、これまでも多くの方がネット上などでコメントされていますが、キリバに新たに入社した営業向けのワークショップのアジェンダのひとつとしても本テーマがあり、そのコンテンツの作成を依頼されて自分なりに考えてみましたので、ここでご紹介したいと思います。

 

■扱っているものが違います

どちらもおカネに関する業務のように思われていますが、誤解を恐れずに言うなら

・経理は事業活動(モノやサービスや人の流れ、活動)をおカネ(貨幣価値)に換算した数字(帳簿)を扱う仕事

財務は事業活動に伴って必要になったり不足したりするおカネ(キャッシュ)を扱う仕事

屋形 俊哉
2月 20, 2019

ページ

RSS - 資金予測 を購読