不正行為とセキュリティ

不正行為の防止と金融システムのセキュリティ確保に関する記事を掲載しています。

IT 部門が、財務分野のデジタル変革プロジェクトに着手すべき理由

IT部門のトップ、CIO、CTO、CISO及び傘下のチームは、自社の競争上の強みを高める新たなテクノロジーの導入に向け一層大きな負担を背負っています。セキュリティ、拡張性、効率性の向上へのニーズは、世界のビジネスリーダーの最優先課題です。このニーズに応えるため、ほとんどの企業が何らかのデジタル変革を実施しています。とはいえ、多くの領域で老朽化した現行ソリューションのアップグレードが必要とされる中、IT部門はどんな方法でプロジェクトの優先順位を決めればよいのでしょう? 組織に最も大きな価値をもたらすのは財務部門です。IT部門はまず何よりも、キャッシュの確保とフリーキャッシュフローの増大を考慮すべきです。

 

参考資料: 15分でわかるペイメントハブ構築ガイド

 

この記事では、IT部門が組織をサポートし、適格なクラウドベンダーの力を借りて、買掛金、売掛金、財務経理などの基幹プロセスを含む全社的なデジタル変革プロジェクトを、短期間で簡単に成功に導ける2つの領域を紹介します。

 

Brad Teaver
2月 12, 2019

IT 部門が、財務分野のデジタル変革プロジェクトに着手すべき理由

IT部門のトップ、CIO、CTO、CISO及び傘下のチームは、自社の競争上の強みを高める新たなテクノロジーの導入に向け一層大きな負担を背負っています。セキュリティ、拡張性、効率性の向上へのニーズは、世界のビジネスリーダーの最優先課題です。このニーズに応えるため、ほとんどの企業が何らかのデジタル変革を実施しています。とはいえ、多くの領域で老朽化した現行ソリューションのアップグレードが必要とされる中、IT部門はどんな方法でプロジェクトの優先順位を決めればよいのでしょう? 組織に最も大きな価値をもたらすのは財務部門です。IT部門はまず何よりも、キャッシュの確保とフリーキャッシュフローの増大を考慮すべきです。

 

参考資料: 支払ハブの15分ガイド

 

この記事では、IT部門が組織をサポートし、適格なクラウドベンダーの力を借りて、買掛金、売掛金、財務経理などの基幹プロセスを含む全社的なデジタル変革プロジェクトを、短期間で簡単に成功に導ける2つの領域を紹介します。

 

Brad Teaver
2月 12, 2019

2019年にCFOはトレジャリーをいかにレバレッジするべきか

 

  2018年が幕を閉じ新たな年が始まると、ほとんどのCFOが、好景気のもたらすさまざまな機会をCEOが活かせるようサポートしつつ、起こり得る景気減速や外国為替と金利のボラティリティの増大のリスクや、増加し続ける規制とコンプライアンスの負担から自社をバッファーする任務に追われることになるでしょう。そうなればCFOは必然的に、これら全ての要素の助けとなる実践的かつ戦略的なアドバイスを財務部門に求めるようになります。

 新しい年の訪れとともに起きるあらゆることに自社がうまく順応できるようにするため、CFOはトレジャリーをこれまでより巧みにレバレッジしなければなりません。そのためにはどうすればよいでしょうか?

Alex Wolff
1月 21, 2019

ページ

RSS - 不正行為とセキュリティ を購読