不正行為とセキュリティ

不正行為の防止と金融システムのセキュリティ確保に関する記事を掲載しています。

ブリグジット(英国のEU離脱)が、英国の財務役員にもたらす影響とは?

2019年3月29日(金)、英国は欧州連合(EU)を正式に離脱します。同日から2020年12月31日(木)まで移行期間となるものの、それ以降、英国とEUの関係がどうなるかいまだ不透明です。英EU間の貿易協定も合意に達していません。この不透明性が、今後のシナリオを予測する英国企業に懸念をもたらしています。実際、期限までに離脱合意がまとまらなければ、移行期間なしとなる可能性もあります。

Greg Person
12月 18, 2018

支払業務での不正を防ぐ――CFOがとるべき3つのステップとは?

規模や地域を問わずどの企業でも、サイバー犯罪防止はCFOと財務担当者の重点課題です。支払管理は最も脆弱な財務プロセスであり、サイバー犯罪の格好の標的になります。この分析では、企業財務の脆弱性、不正リスクを最小限に抑えるベストプラクティス、支払の集中化、支払プロセスの実施などを検討します。低リスクの支払環境を維持することは可能です。財務部門の役員の皆様には、最新の不正スキーム、不正にあう危険が高まるプロセス、不正による損失を防ぎ(おそらくはクビを免れる)ソリューションを把握するようお勧めします。 

Daniel Shaffer
12月 4, 2018

ビジネスメール詐欺から企業価値を守る方法

ビジネスメール詐欺の脅威が増大しています。AFP(Association for Financial Professionals)の調査1によると、2017年にビジネスメール詐欺を経験した企業は77%と史上最悪の水準を記録しています。一件あたりの被害も高額化しており、2016年には 4000万ユーロ(約46億円)を詐取された事件も発生しています。深刻な問題は、多くの企業が行なっている支払業務プロセスでは、ビジネスメール詐欺を未然に防ぐことが難しい点にあります。
 
本記事では、既存の支払業務が抱える脆弱性とビジネスメール詐欺から企業価値を守るための真に実効的なソリューションを紹介します。
 
1. ビジネスメール詐欺とは
長瀬 大
10月 11, 2018

ページ

RSS - 不正行為とセキュリティ を購読