グローバル・トレード

国際トレードとは、国境や領土を越えて資本や物品、サービスをやり取りする記事を掲載しています。

CFOの視点: 最高財務責任者は増加するグローバルの脅威に対し、どのような効果的施策を打つべきか

グローバルの財務責任者は前途に既知および成長の課題があるにも関わらず、データを収集してプランをサポートしています。企業の将来が正にこれらのプランにかかっている今、ファイナンスのエグゼクティブが完全に実行権限を与える時が来ました。

今まさに良い時期が来ました。米国の経済の強化、失業率の低下、減税、テロリズムを遮断する活動が進展することにわれわれは喜んでいます。減税の結果、企業収益は上昇する見込みで、われわれはまるでお菓子屋にいる子供のように驚き、どうキャッシュを送金するかに照準を合わせていこうとするでしょう。

余ったキャッシュで、例えば少し一時金や401(k)に充てることもでき、機器をアップグレードして少し株を買い戻すこともできるのです。これらのプランについて考え、話し合うことは楽しいことなのです。 

Michael Dinkins
4月 5, 2018

英国のEU離脱(Brexit)により財務部門が直面する為替管理の課題

 企業財務の現在の状況は、非常に不安定です。この不安定さはさまざまな形で現れていますが、昨年、世界を揺るがせた英国のEU離脱(Brexit)では、財務部門はあらゆる事態を想定して準備しなければならないという事実をあらためて認識しました。残念なことに、いつも準備ができているとは限りません。2016年4月、Deloitteが発表した調査結果によると、離脱を決める国民投票の前にBrexitに対する緊急対策計画を実施していたCFO(最高財務責任者)は半数にも満たなかったのです。

 英国を含めた各国の企業にとって、Brexitによる影響の中でも特に重要なのは為替相場の変動です。投票の直後、ポンドは31年ぶりの安値を更新。開票前の1ポンド=1.50ドルから、結果が発表された翌日には1ポンド=1.33ドルまで下落しました。その後も安値更新は続き、本原稿の執筆時点の直近数週間で持ち直してきたものの、ポンド相場は投票前と比較するとかなり低く、本原稿の執筆時点のGBP/USDは1.29ドルとなっています。

John Campbell
12月 26, 2017

ページ

RSS - グローバル・トレード を購読