ヘッジ会計

多くの金融機関と企業は、さまざまなリスクへのエクスポージャーに対してヘッジをかけるため金融派生商品を活用しています。それに関する記事を掲載しています。

2019年にCFOはトレジャリーをいかにレバレッジするべきか

 

  2018年が幕を閉じ新たな年が始まると、ほとんどのCFOが、好景気のもたらすさまざまな機会をCEOが活かせるようサポートしつつ、起こり得る景気減速や外国為替と金利のボラティリティの増大のリスクや、増加し続ける規制とコンプライアンスの負担から自社をバッファーする任務に追われることになるでしょう。そうなればCFOは必然的に、これら全ての要素の助けとなる実践的かつ戦略的なアドバイスを財務部門に求めるようになります。

 新しい年の訪れとともに起きるあらゆることに自社がうまく順応できるようにするため、CFOはトレジャリーをこれまでより巧みにレバレッジしなければなりません。そのためにはどうすればよいでしょうか?

Alex Wolff
1月 21, 2019

財務の自動化は戦略的リスク管理をいかに可能にするか (newell社事例)

雑務の処理は今日の財務責任者の役割ではありません。AFP(米財務プロフェッショナル協会)の最近の調査「2017 AFP Strategic Role of Treasury Survey」(2017年:AFPによるトレジャリーの戦略的役割に関する調査)では、財務部門の役割が戦術から戦略へと移り変わったことが指摘されています。「調査回答者の80%が、今の財務部門は過去3年間に比べて、組織において戦略的な役割を果たしていると信じています」。ところが、先進のテクノロジーがないために、財務部門はマニュアルタスクに忙殺され、戦略的アドバイスや意思決定の支援に手が回っていません。

消費材を扱う160億ドル企業、ニューウェル・ブランズの財務責任者は、最近の企業買収後、クラウド型財務ソフトウェアを導入することでさらに業績を改善できる可能性があることに気付きました。ニューウェル・グループがキリバとFiREappsを使っていかに財務を変革したかについては、ケーススタディをダウンロードしてください。

Daniel Shaffer
1月 15, 2018

為替取引の評価・監査プロセスを変えずに、為替管理をシンプルにする方法

トレジャラーの多くは、デリバティブに関する会計基準が複雑なおかげで、効率的なヘッジ行為ができないと思っているのではないでしょうか?

為替管理プロセスをシンプルにすることについて、キリバは、トレジャリー・ベストプラクティス・シリーズのひとつとして、Simplifying Regulatory Compliance for Your FX Hedging Programというウェビナーを開催しました。これは、キリバのプリセールス・マネージャー、Tom Gavaghanと、Actualize consultingのシニアコンサルタント、Jonathan Zemanとそのチームが協同で行ったものです。

Tom Gavaghan
7月 25, 2017

ページ

RSS - ヘッジ会計 を購読