リスク・マネジメント

リスクを組織的に管理(マネジメント)し、損失などの回避または低減をはかるプロセスに関する記事を掲載しています。

ブリグジット(英国のEU離脱)が、英国の財務役員にもたらす影響とは?

2019年3月29日(金)、英国は欧州連合(EU)を正式に離脱します。同日から2020年12月31日(木)まで移行期間となるものの、それ以降、英国とEUの関係がどうなるかいまだ不透明です。英EU間の貿易協定も合意に達していません。この不透明性が、今後のシナリオを予測する英国企業に懸念をもたらしています。実際、期限までに離脱合意がまとまらなければ、移行期間なしとなる可能性もあります。

Greg Person
12月 18, 2018

支払業務での不正を防ぐ――CFOがとるべき3つのステップとは?

規模や地域を問わずどの企業でも、サイバー犯罪防止はCFOと財務担当者の重点課題です。支払管理は最も脆弱な財務プロセスであり、サイバー犯罪の格好の標的になります。この分析では、企業財務の脆弱性、不正リスクを最小限に抑えるベストプラクティス、支払の集中化、支払プロセスの実施などを検討します。低リスクの支払環境を維持することは可能です。財務部門の役員の皆様には、最新の不正スキーム、不正にあう危険が高まるプロセス、不正による損失を防ぎ(おそらくはクビを免れる)ソリューションを把握するようお勧めします。 

Daniel Shaffer
12月 4, 2018

新しいTMS を評価する時に、CTOが必ずする4つの重要な質問

新しくトレジャリー・マネジメント・システム(TMS)(日本語版)を導入することは、どの企業にとっても重要なテクノロジーの投資と言えるでしょう。そのため、最高技術責任者(以下、CTO)やIT担当者は、新しいTMS用に提案依頼書(以下、RFP)のプロセスの間、財務部門をサポートしているのです。実際、担当の技術ベンダーは、通常は、CTOが最初から最後までプロセスに関わった方がよいと提案します。それは、CTO と財務担当者がTMS に関係する全てに同意する必要があると言っているわけではありませんが、CTOが要求し、期待するソリューションを財務担当者が理解していれば選択プロセスは順調に進むことでしょう。

Nick Biasevich
8月 14, 2018

ページ

RSS - リスク・マネジメント を購読