トレジャリー・イノベーション

財務ソフトウェア・ソリューションにおける新しいアイデアとプロセスに関するトピックについての記事を掲載しています。

M&Aにおける財務領域のPMI(Post Merger Integration)でやるべきこと

調査では2018年度の日本企業のM&Aは取引件数/総額とも、過去10年間で最高で、M&Aは日本企業の事業戦略の一選択肢として定着している中、経産省は、「海外M&Aを経営に活用する9つの行動(昨年3月同省発表)」の「別冊編(今月発表)」の中で海外M&AにおいてCFOに期待される行動と役割を明確化しています。
 
「別冊編」では、CFOに期待される9つの行動の内の1つに「『買収して終わり』になっていないか」がありました。要はPMI~Post-M&Aへの取り組みです。
 
下村 真輝
6月 19, 2019

第四回:付加価値を生むこれからの財務業務:シリーズ「財務のデジタル化が企業にもたらすもの ~見る・守る・減らす・増やす~」

これまで「財務におけるデジタル化が企業にもたらすもの」というテーマについて「見る」、「守る」、「減らす」という観点で3回に渡りブログ投稿してきました。今回最終回のテーマは「増やす」という点について言及してみたいと思います。

■財務における「増やす」とは?

「増やす」というのは前向きな言葉ですよね。「増える」は客観的な事象を表す言葉ですが、「増やす」は能動的な言葉です。では、財務部門が能動的に「増やす」ものとは一体何でしょうか?私は「利益」、「信用力」、そして「考える時間」の3つを挙げたいと思います。では、この3つの「増やす」についてもう少し具体的に考えてみましょう。

■「利益」を増やす

伊藤 康博
6月 7, 2019

キリバ、『Trade Finance Globalのベスト・トレジャリー・マネージメントプラットフォーム賞』を受賞

地政学的な不安定さに見舞われながらも、銀行、技術プロバイダーおよび売掛債権分野の法人における革新が世界貿易を支えてきました。国際貿易における代替資金調達及びコンプレックスファンディングの先進的なソリューションプロバイダーであるTrade Finance Global(TFG)より、2019 International Trade Finance Awardsは、同業界で特に優れた貢献をしている団体に贈られます。

キリバは、ビジネスインテリジェンス、流動資産の最適化や支払いなどをはじめとした、クラウド型財務およびトレジャリー・ファイナンス・ソリューション分野における先駆けとして認められたことを光栄に思います。他にもシティグループ、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、Maerskなど多くの企業がTFGに先進的な団体として認められました。

Daniel Shaffer
2月 22, 2019

ページ

RSS - トレジャリー・イノベーション を購読