資金の可視化とマルチバンクアクセスでグローバル企業の財務リスクを抑える【ダイヤモンドオンライン】

By キリバ・ジャパン 副社長 執行役員 桑野 祐一郎 2016年4月4日

資金の可視化とマルチバンクアクセスでグローバル企業の財務リスクを抑える(記事掲載)

 

ーキリバ・ジャパン副社長  副島弘行

 

M&A等によって海外事業の拡大を図る企業は、為替リスクや進出先の規制による資金移動の制限、海外子会社の財務上の不正といったリスクにさらされている。マルチバンク・マルチERPアクセスのトレジャリーシステムの活用により、在外子会社も含めたグローバルでのグループリスク管理の高度化と迅速なリスク回避対応が可能となる。

 

続きはこちらからご覧ください。

img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら