財務の自動化は戦略的リスク管理をいかに可能にするか (newell社事例)

By Bob Stark 2018年1月16日

雑務の処理は今日の財務責任者の役割ではありません。AFP(米財務プロフェッショナル協会)の最近の調査「2017 AFP Strategic Role of Treasury Survey」(2017年:AFPによるトレジャリーの戦略的役割に関する調査)では、財務部門の役割が戦術から戦略へと移り変わったことが指摘されています。「調査回答者の80%が、今の財務部門は過去3年間に比べて、組織において戦略的な役割を果たしていると信じています」。ところが、先進のテクノロジーがないために、財務部門はマニュアルタスクに忙殺され、戦略的アドバイスや意思決定の支援に手が回っていません。

 

消費材を扱う160億ドル企業、ニューウェル・ブランズの財務責任者は、最近の企業買収後、クラウド型財務ソフトウェアを導入することでさらに業績を改善できる可能性があることに気付きました。ニューウェル・グループがキリバとFiREappsを使っていかに財務を変革したかについては、ケーススタディをダウンロードしてください。

 

効果はすぐに
, ケーススタディは、例えば以下のような、広範にわたる素晴らしい定量的結果を示しています。

 

·       資金の可視化が45%以上も高まり95%に

 

·       外国為替取引の純損失が年平均2,500万ドル以上減少

 

·       為替取引手数料が130万ドル減少

 

ニューウェルの財務部門は主たる財務管理ツールだったスプレッドシートを廃止した後、すぐに定量的結果に気付きました。

 

「当社の革新的な財務部門は、マニュアルタスクを自動化し重要な情報サポートに専念することで真の投資リターンを生むため、キリバの最新のトレジャリー・テクノロジーを導入することの価値に気付きました」と、ニューウェル・ブランズのシニア・バイスプレジデント兼トレジャラー、アミット・シン氏は述べています。「大量生産で利益率の低い業界においては、バランスシートのノイズを減らすことが重要です。当社の財務部門はキリバとFiREapps、FXallを使って自動化したワークフローを開発し、外国為替取引の純損失を毎年劇的に減らし続けるなど、多くの恩恵とコスト節約を享受できました。

 

追加の記事: Challenge of Cetralizing FX Operations for Global Corporates (英語)

 

最近ではトレジャラーの戦略的役割が資金管理やヘッジ会計以外にも広がり続けており、財務責任者はトレジャリー・テクノロジー・ソリューションの力を借りながら、自社にとっての価値を創出する新たな機会を探す必要があるでしょう。

 

他の成果や詳細については、ケーススタディをダウンロードしてください。

 

*本記事は2017年11月に公開された内容の翻訳となります。オリジナルはこちらからご覧ください。

img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら