ダイヤモンド主催「グローバル時代の 組織と経営システム」に登壇します!

2022年7月29日 13:00~

特集「進化する組織」に連動した、理論と実践をかけ合わせたオンラインイベントシリーズの第3弾は、AGC会長の島村琢哉氏が登場いたします。4期連続減益という業績低迷期にCEOに就任後、本格的な組織改革に着手し、成長が期待される東南アジアの拠点を強化。同時に、新規事業の成長も後押しすることで、既存事業と新規事業の2つを同時に追求する「両利きの経営」の道筋をつけました。「両利きの経営」の提唱者のひとり、チャールズ・オライリー氏(スタンフォード大学経営大学院教授)らも評価し、AGCに調査訪問。日本企業として初の「両利きの経営」の事例研究となり、話題となりました。そのような、AGCのグローバル経営におけるリーダー像や組織風土づくり、経営プラットフォームの構築などについて、島村会長に語っていただきます。

続く協賛講演では、企業のグローバル展開や、デジタルトランスフォーメーション、カルチャーチェンジを支援するソリューションを提供する企業のスペシャリストに、具体的なソリューションやツールの活用法について講演いただきます。

最後のパネルディスカッションでは、アサヒグループホールディングスでCHRO(最高人事責任者)を務める谷村圭造氏、資生堂でCFO(最高財務責任者)を務める横田貴之氏、日清食品ホールディングスでCSO(最高戦略責任者)を務める横山之雄氏といった、消費財業界の大手企業3社から、HR、ファイナンス、戦略のエキスパートが登場。モデレーターに日置圭介氏(ボストン コンサルティンググループ パートナー&アソシエイト・ディレクター)を迎えて、パネルディスカッション「ワールドクラスの経営を実現する組織をいかにつくるか」をディスカッションします。

最初から最後まで、グローバル経営に課題を抱えるリーダー必見の内容となっていますので、ぜひご参加ください。

詳細・お申込みはこちら
https://promo.diamond.jp/sp/dol_management3_220729-2/

img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら