文藝春秋主催 ファイナンスDXで創り出す「ビジネスサイクルの好循環」に登壇します!

2021年11月8日 13:00~

『2020年版 中小企業白書』によると、日本には359万の企業が存在し、そのうち小規模企業が305万社、中規模企業が53万社、大規模企業が1万社となっています。年を追うごとに企業数が減少していく中、それぞれの企業が「目指す姿」は多様化しており、成長戦略の描き方、ビジネスモデルの創り方、デジタル化の進め方など業種や企業ごとの課題や方向性に即した内容で見直していく必要があります。

長引く新型コロナウイルスの影響により、売り上げの大幅減、経営計画の見直しや遅れといった懸念が顕在化した企業も多く、厳しい環境の中、生き残りをかけた戦いが続いています。「業務の効率化を図りたい」「限られた人的リソースの中、パフォーマンスを向上させたい」「デジタルデータをもっと有効に活用したい」「生産性を高めたい」「未来の変化に強い経営基盤を築きたい」など、経営課題をあぶりだし、変革のきっかけを掴み、そして未来を描いていくことが今、求められています。

こうした中、経理・財務業務や経営管理業務といったバックオフィス業務のデジタル化に舵を切り、業務の効率化と生産性向上の両立を実現し、ビジネスサイクルの好循環を創り出し、増収増益を達成する企業も出てきています。

アフターコロナの成長戦略を加速させるべく、3年後、5年後の成長を見据えたデジタル変革への挑戦が不可欠となっています。

そこで本カンファレンスでは変革にチャレンジするリーダーの皆様を対象に、ファイナンスDXで創り出す「ビジネスサイクルの好循環」をテーマに、業務の効率化、省力化、データに基づく意思決定の高度化による経営変革の視点から、有識者、実践者、プロフェッショナルの皆様の講演を通じ、考察をできればと存じます。

詳細・お申込みはこちら
https://bunshun.jp/articles/-/48607

img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら