キリバのジョン-ルーク・ロバートCEO、2020年のトップ50 Saas CEOに選出

2020年9月1日

2年連続でSaaS業界のリーダーとして評価される

カリフォルニア州サンディエゴ発 2020831 –  クラウド型財務管理ソリューションのグローバルリーダーであるキリバは、本日、会長兼CEOのジョン‐ルーク・ロバートが『ザ・ソフトウェア・レポート(TSR)』によって2020年のトップ50 SaaS CEO に選ばれたことをお知らせします。ロバートは、2年連続でTSRから選出されました。トップ50 SaaS CEOでは、会社の業績、職場文化、製品の強み、戦略的な意思決定を含む数々の重要な分野における実績が評価されました。

キリバ会長兼CEOのジャン‐ルーク・ロバートは、次のように述べました。「一流のSaaS CEOが揃ったリストに名を連ねることができ、光栄に思います。キリバでは活力あふれる情熱的なグローバルチームが、イノベーションと顧客の成功という当社のコアバリューの実現に日々取り組んでいます。今回の表彰は、彼らの熱意や当社が世界のクライアントにもたらす価値を改めて証明するものです」

『ザ・ソフトウェア・レポート』(旧『ザ・SaaSレポート』)は、SaaSおよびソフトウェア業界の市場調査や市場インサイト、ビジネスニュース、投資活動、企業動向に関わる総合的な情報を配信するサイトです。ロバート自身がトップ50 SaaS CEOに選ばれただけでなく、キリバも世界における2020年のトップ100ソフトウェア企業 にランクインしました。TSRによると、このランキングには世界の企業に対し最も重要でインパクトの大きいソリューションを提供している企業が掲載されます。

ロバートは、次のように述べました。「世界で最も優れたソフトウェア企業のひとつに選ばれ、キリバの全社員を誇らしく思います。優秀で協調性があり敏捷な当社のスタッフは、大きく変化するグローバル経済の中でクライアントに卓越した価値を生み出すため努力を続けています」

ロバートは、会長兼CEOとして2003年に従業員12人でキリバを設立し、2020年には従業員800人以上へと成長させ3億ドルの資金を調達し、業界をリードする為替リスク管理ソリューションFiREapps(現在はキリバFX)の買収と実装を統括しました。在任中に財務テクノロジーの大規模な転換を指揮し、2003年にクラウド型の積極的なトレジャリーマネジメント、2019年にはキリバ アクティブ リクイディティ ネットワークを開発しました。キリバは業界アナリストからの評価も高く、IDC MarketScapeから「リーダー」に選ばれ、Aite Groupから「クラス最高の」クラウド型財務リスク管理ソリューションに選ばれました。2020年、『グローバル・ファイナンス・マガジン』は、サプライチェーンファイナンスおよび支払ソリューションを高く評価し、キリバを北米で最も革新的なフィンテック企業に選出しました。またInc.5000が選ぶ「最も急成長中の非公開企業」にも8度目のランクインを果たしました。業界での受賞歴について詳しくは Kyriba.com.をご覧ください。

 

*本ニュースは8月31日に本社にて発表したものの日本語翻訳版となります。オリジナルはこちらをご覧ください。

 

【キリバについて】

キリバは資金およびリスク管理、支払、運転資金を最適化するソリューションを通じて、財務に関わるリーダーおよびチームを支援しています。安全性の高い100%SaaSエンタープライズプラットフォーム、銀行との優れた接続性、今日の複雑な金融市場における課題に取り組むためにシームレスに統合されたソリューションをキリバは提供しています。キリバを通じて、世界最大規模の組織を含む、何千もの企業が、キーとなるプロセスを合理化し、不正や財務リスクによる損失から企業を守り、意思決定のプロセスを改善し、企業の成長機会を向上させています。サンディエゴに本社を置き、ニューヨーク、パリ、ロンドン、東京、ドバイ、その他主要都市にオフィスを構えています。詳細についてはwww.kyriba.jpをご参照ください。

※Kyriba、およびKyribaのロゴマークはKyriba Corporationの登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。

 

【本ニュースに関するお問合せ】

キリバ・ジャパン株式会社 マーケティング 大徳

Tel:03-4590-6618


img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら