キリバ、2014年にグローバルベースで業績大幅拡大― 47%の受注増、170社を超える新規顧客の獲得

2015年4月2日

キリバ、2014年にグローバルベースで大幅業績拡大 

47%の受注増、170社を超える新規顧客の獲得

クラウドベースの財務管理ソリューションで世界をリードするキリバ、

さらなる顧客の拡大を実現し、業界でも高い評価を獲得

2015402日(木)

クラウドによるグローバル財務管理ソリューションを提供するキリバ・ジャパン株式会社(日本法人:東京都渋谷区、代表取締役社長:アルナ・バスナヤケ)は、キリバ・グループの2014年のグローバルでの受注額が前年比で47%増となったことをお知らせいたします。また、同社は2014年に170社を超える新規顧客を獲得し、財務管理システム・ベンダーで最も高い成長を達成しました。現在、キリバ・グループは世界に約1,000社の顧客を抱え、同社のSaaSベースの財務管理システムは世界中の100ヵ国以上の国々で利用されています。

2014年のキリバ・グループの業績ハイライト

· 2014年に獲得した新規顧客は、Coach, Inc.(NYSE: COH; SEHK: 6388)およびコニカミノルタ株式会社を含む、フォーチュン上位2000社のグローバルでビジネスを展開するコングロマリット企業から中堅規模の企業と広範にわたっています。

· 2014年1月に8ヵ所目となるリージョナル・ハブ拠点をシンガポールに開設し、アジア太平洋地区でのビジネス展開を強化しました。

· 2014年1月にGlobal Finance誌の「World’s Best SaaS Treasury Management System」を2年連続で受賞しました。

· 2014年5月にNetSuite社の2014年度「SuiteCloud Enterprise Partner of the Year」として発表されました。

· 2014年9月にIT調査会社のIDCより、最も成長著しい財務管理ソフトウェア・ベンダーとして評価されました。

· 日本法人は三菱UFJキャピタル株式会社およびみずほキャピタル株式会社からの出資を受けて業務を大幅に拡大し、新規顧客となる日本の大手企業9社から受注を獲得しました。

「キリバは2014年において、年間を通じて成長を継続することができました。受注も年間を通じて増加し続けました。キリバの財務管理システムは、グローバル展開する大手企業および急成長する中堅企業の双方にとって最適な選択肢として進歩し続けています。多くの企業が、SaaSは最良のカスタマー・エクスペリエンスを提供すると同時に、絶え間ないイノベーションをもたらし、かつ将来性を考えた投資として最適のソリューションであると考えています。2015年も引き続き、世界の全てのマーケットで成長を継続すると確信しています」とキリバ米国本社の会長兼CEOであるJean-Luc Robert(ジョンルーク・ロベール)は2014年の業績についてコメントしています。

【キリバについて】

財務管理・資金管理システムをクラウドで提供しています。既に約1,000社の企業で採用されており、クラウド型財務管理ソリューションとして業界No.1の実績を誇ります。エクセルなど手作業による非効率な資金・財務管理業務を自動化し、管理主体の財務部門を戦略的な組織に変える支援を行います。米国Kyriba Corporation、株式会社サンブリッジコーポレーション、マーク・ベニオフ(セールスフォース・ドットコム社 会長兼CEO)、スティーブン・シン(コンカー社 創業者兼CEO)が共同出資し、日本法人は2012年に設立されました。

Kyriba、およびKyribaのロゴマークはKyriba Corporationの登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。

【本プレスリリースに関するお問合せ】

キリバ・ジャパン株式会社 マーケティング

Tel: 03-6321-9454

Email: [email protected]


img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら