キリバ、アジア太平洋地域の新規クライアント数が1年で2倍に増加

2019年11月26日

キリバ・ジャパン株式会社

2019年11月26日

キリバ、アジア太平洋地域の新規クライアント数が1年で2倍に増加

いすゞ 自動車などの多国籍企業が、

国際的な成長を支えるためキリバの財務・流動性管理ソリューションを採用

クラウド型財務・資金管理ソリューションのリーディング・カンパニーであるキリバ (本社:米国カリフォルニア、会長兼CEO:ジョンルーク・ロバート)は本日、アジア太平洋地域の多国籍企業からの需要が増加したことを発表しました。キリバが抱えるアジア太平洋地域のクライアント数は昨年10月と比較して倍増しています。この急激な成長の要因は、グローバルなリアルタイムのキャッシュポジション可視化、および国際市場に関する専門知識の確立に対するニーズにあります。この知識があるからこそ、アジア太平洋の企業は、市場の逆風に直面しつつも事業を拡大できるのです。

いすゞ モーターズ アジアの財務管理担当ジェネラルマネージャーであるSeng Ti Goh は、次のように述べました。「私たちは、デジタル化に向けた目標の一環としてキリバを導入しました。特に、資金ポジションのリアルタイムな分析を促すデジタル技術ソリューションを活用して、財務経理部門を強化することを目指しています。経理部門は、短時間でのデータ分析を通じて、自動車製造に関わる各部署との提携の深化を実現しています」 
2019年に入りいすゞ 自動車株式会社をはじめとして、中国の滴滴出行、万華、インドのウノ・ミンダ、テック・マヒンドラ、シンガポールのインスタレム、日本のエーザイ、サントリー食品インターナショナルなど、多くの著名な多国籍企業が、グローバルな不確実性の増大への対応力を高めるためにデジタル変革への目標の一環としてキリバを採用しています。
 市場の変動、およびグローバル経済の低迷を示す指標は、多国籍企業に深刻な影響を与えます。アジア太平洋地域に関しては、世界銀行の報告によると、アジア地域の成長率は2918年から2021年に13%の低下が見込まれ、中国でも同水準の減速が予測されるといいます。  
キリバのアジア太平洋地域マネジングディレクターであるJaeSon Kim は、次のように述べました。「私たちは、主要市場である日本とシンガポールで急成長を遂げています。中国とインドの顧客基盤も一層強固なものとなり、マレーシアとインドネシアは更なる牽引力になっています。私たちは、クライアントに価値をもたらすためソリューションを刷新しています。これによりクライアントは、世界的に不安定な時代であっても、自社の成長に向けて効率よくビジネスを展開することが可能になります」   

アジア太平洋地域以外でも、先日のキリバ為替変動の影響レポート によると、北米・欧州の企業の為替差損は440億ドルに達しました。このレポートは、為替変動が北米・欧州企業の2019年第2四半期の収益に与えた影響を分析しており、グローバル企業の重要なベンチマーキングツールの役割を果たしています。

アジア太平洋その他の地域において、企業価値を守りつつ国際的な事業拡大を推進するキリバの戦略的なアプローチについて、詳しくは www.kyriba.comまでお問合せください。  

【キリバについて】

キリバは資金およびリスク管理、支払、運転資金を最適化するソリューションを通じて、財務に関わるリーダーおよびチームを支援しています。安全性の高い100%SaaSエンタープライズプラットフォーム、銀行との優れた接続性、今日の複雑な金融市場における課題に取り組むためにシームレスに統合されたソリューションをキリバは提供しています。キリバを通じて、世界最大規模の組織を含む、何千もの企業が、キーとなるプロセスを合理化し、不正や財務リスクによる損失から企業を守り、意思決定のプロセスを改善し、企業の成長機会を向上させています。サンディエゴに本社を置き、ニューヨーク、パリ、ロンドン、東京、ドバイ、その他主要都市にオフィスを構えています。詳細についてはwww.kyriba.jpをご参照ください。

※Kyriba、およびKyribaのロゴマークはKyriba Corporationの登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。

【本プレスリリースに関するお問合せ】

キリバ・ジャパン株式会社 マーケティング 大徳

Tel: 03-4590-6618


img
アクティブ
リクイディティ
ネットワーク

流動性を画期的な方法で使用し、成長と価値創造のためのダイナミックな手段として使用しましょう

キリバの方法を見る