キリバ、リスク管理製品のポートフォリオを拡張、コモディティ リスク マネジメントの提供を開始

2022年9月27日

財務管理アプリケーションにエクスポージャーのデータ、分析、可視性を統合することにより、ヘッジプログラムを最適化し、コストを削減する新ソリューションを発表
 

カリフォルニア州サンディエゴ – 2022年9月27日 – クラウド型の財務・ITソリューションのグローバルリーダーであるキリバ(当社)は、本日、リスク管理アプリケーションのポートフォリオを拡張させた「コモディティ リスク マネジメント」の提供を開始したことをお知らせいたします。この新しいソリューションは、統合されたデータ、分析、キリバの財務・リスク管理機能との統合により、財務・リスク管理担当者が、商品コストの上昇による影響を緩和するのに役立ちます。この拡張により、企業はヘッジプログラムを最適化し、価格リスクを低減し、商品、為替、金利の変動による影響から収益を守ることができるようになります。
 

「当社がコモディティ リスク マネジメントの提供を開始したのは、ヘッジプログラムの支援を通じて、購買や価格設定のプロセスを簡素化し、より完全な流動性の全体像を提供するためです。」また「特に変動の激しい市場においては、ヘッジを最適化し、コストを削減するためには、商品、為替、支払、財務の各機能が単一のプラットフォームに備わっていることがお客様にとって重要です。」とキリバの市場戦略担当グローバルヘッドであるBob Starkは述べています。
 

キリバの「コモディティ リスク マネジメント」の主な機能は以下の通りです。流動性のより包括的な管理を目指すグローバルな多国籍企業や組織を支援します。

コモディティ取引管理機能:エクスポージャー管理、取引台帳管理、柔軟なフォワードカーブモデリング
財務・ヘッジ会計:時価評価およびヘッジ会計の仕訳生成は自動化され、すべての総勘定元帳に連携
単一のリスク管理プラットフォーム:商品、為替、金利リスクは、流動性計画、自動決済、銀行照合と完全に統合
 

コモディティ リスク マネジメントは、キリバのプラットフォームの拡張を通じて、財務・リスク担当者が商品コストの上昇の影響を緩和し、価格上昇の逆風に対する防御策を講じることができるよう支援します。
 

キリバについて
キリバは、成長と価値創出を実現する動的でリアルタイムな手段である流動性を活性化する上で重要な財務、支払、運転資本、コネクティビティ(銀行、ERP等の接続)ソリューションへ変革を起こすためにCFO、財務部門、IT部門をサポートします。キリバは、セキュアで拡張性のあるSaaSプラットフォームであり、AIを活用し、決済ワークフローを自動化するとともに、多くの多国籍企業や銀行にとって、成長の最大化、不正・財務リスクに伴う損失の防止、運用コストの削減を実現します。顧客は、世界2,000社に上り、その中にはフォーチュン500企業およびユーロ・ストックス50企業の25%も含まれています。キリバは、年間13億以上の銀行取引、および年間総額15兆ドル相当の2億5000万件の支払を管理しています。
サンディエゴに本社を置き、全世界にオフィスを構えています。詳細についてはkyriba.jpをご参照ください。


img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら