キリバ、AIを活用したキャッシュマネジメント製品の提供を開始

2022年9月15日

AIを活用した資金繰り予測で企業の流動性を最適化する新ソリューションを発表
 

カリフォルニア州サンディエゴ – 2022年9月15日 – クラウド型の財務・ITソリューションのグローバルリーダーであるキリバは、本日、データサイエンスを取り入れ、スピード、コントロール、信頼性を向上させた資金繰り予測を実現する新たなソリューション「キャッシュ マネジメント AI」の提供を開始したことをお知らせいたします。この新しいソリューションは、キリバの資金管理および資金繰り予測機能を強化し、投資や成長の機会に対してより高い信頼性と精度を提供するもので、今日の世界の金利上昇の環境下では重要な優先課題への解決策を提供します。
 

IDCの最近の調査によると、流動性に関するより良い意思決定を行うために、財務リーダーの93%がリアルタイムのインサイトを活用し、99%がビジネスインテリジェンスを導入しています。¹また、API、BI、AIを取り入れた強力なデータ戦略を持たない財務リーダーは、劣悪なソリューションに縛られ、テラバイト単位の構造化および非構造化データを効率的に分析・活用できないことが判明しました。
 

キリバのデータ分析担当 SVP である Jean-Baptiste Gaudemetは、「市場の変動が大きくなる中、CFO は資金繰り予測にさらなる正確性と信頼性を求めています」と述べています。「財務チームが日々管理している膨大な情報から学ぶには、データサイエンスと分析が必要です。AIは、CFOがデータを活用し、より多くの情報を得た上で効果的な意思決定を行うのに役立ちます。」
 

キリバの「キャッシュ マネジメント AI」の主な機能は以下の通りです。

AI(人工知能):AIを活用した資金管理には、機械学習が組み込まれているため、過去のデータから自動的に学習し、新しいデータを用いて継続的に予測を改善できます。
信頼性の管理:ユーザーは、組織のリスクプロファイルとポリシーに基づいて、最適な信頼レベルを選択し、リアルタイムに予測を調整できます。
BI(ビジネスインテリジェンス):ユーザーは、柔軟なフィルター、調整可能な予測期間、資金予算計算などの機能を備えた事前に準備されたダッシュボードを使用してデータを視覚化できます。
 

「金利が上昇し続ける中、不正確な予測は、投資されない遊休資金や非効率な借入を生み出します。資金保有の機会コストも増加しているため、CFOは企業の流動性を最適化するために、資金予測の信頼性を高めることを必要としています。」と、キリバの市場戦略のグローバル責任者であるBob Starkは述べています。
 

¹出典:CFOの新しい業務領域が出現:全社的な流動性管理(英語) – IDC
 

キリバについて
キリバは、成長と価値創出を実現する動的でリアルタイムな手段である流動性を活性化する上で重要な財務、支払、運転資本、コネクティビティ(銀行、ERP等の接続)ソリューションへ変革を起こすためにCFO、財務部門、IT部門をサポートします。キリバは、セキュアで拡張性のあるSaaSプラットフォームであり、AIを活用し、決済ワークフローを自動化するとともに、多くの多国籍企業や銀行にとって、成長の最大化、不正・財務リスクに伴う損失の防止、運用コストの削減を実現します。顧客は、世界2,000社に上り、その中にはフォーチュン500企業およびユーロ・ストックス50企業の25%も含まれています。キリバは、年間13億以上の銀行取引、および年間総額15兆ドル相当の2億5000万件の支払を管理しています。
サンディエゴに本社を置き、全世界にオフィスを構えています。詳細についてはkyriba.jpをご参照ください。


img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら