キリバ、流動性計画プラットフォームを通じて、CFOの資金繰り予測に革命をもたらす

2022年10月24日

フリー・キャッシュ・フローの予測と目標達成を支援し、市場変動に対する財務の回復力(レジリエンス)を向上させるのに役立つ新ソリューションを発表
 

カリフォルニア州サンディエゴ – 2022年10月24日 – クラウド型の財務・ITソリューションのグローバルリーダーであるキリバは、本日、キャッシュフロー計画および予測ソリューションを一新した「リクイディティ プランニング プラットフォーム」の提供を開始したことをお知らせいたします。この新しいソリューションは、FP&A、運転資本、財務データを複数のシナリオにわたって統合し、CFO にデータ、洞察、実行可能性を提供することで、キャッシュライフサイクルを正確に管理し、フリーキャッシュフロー予測の精度を向上させます。
 

「資金繰り予測は変化しています。CFOは複数のリスクシナリオに対して流動性とフリーキャッシュフローを計画しなければならないので、予測精度を高めるためのデータと分析をリアルタイムで必要としています。」とキリバの市場戦略担当グローバルヘッドであるBob Starkは述べています。「CFO は企業の流動性を管理するためのツールを持たないために何百万ドルもの損失を出すなど、効果的でない予測のコストは前例にないレベルにまで上昇しています。」ともつけ加えました。
 

キリバのリクイディティ プランニング プラットフォームがもたらす変革

長期計画:FP&A、財務、買掛金、売掛金を統合した資金繰り予測計画により、予測期間を少なくとも12ヶ月延長し、より効率的にフリーキャッシュフロー目標を達成します。
予測シナリオモデリング: 複数の資金繰り予測を同時並行で管理し、流動性計画とリスクシナリオに照らし合わせてモデル化します。
流動性分析: 資金、投資、借入、カウンターパーティ分析のためのリアルタイムのデータ可視化とシミュレーションにより、経済変動に対する流動性の回復力(レジリエンス)を向上させます。
 

IDCの最近の調査によると、財務担当リーダーのうち、1 ヶ月を超える予測に信頼をおいているのはわずか20%、3ヶ月以上はたったの5%に過ぎません。¹

リクイディティ プランニング プラットフォームは、かつてないほどの変動と不確実な時代に、CFOを支援することを目的として開発されました。この新しいソリューションは、「キャッシュ マネジメント AI」、「コモディティ リスク マネジメント」によって補完されます。
 

¹出典:CFOの新しい業務領域が出現:全社的な流動性管理(英語) – IDC
 

キリバについて
キリバは、成長と価値創出を実現する動的でリアルタイムな手段である流動性を活性化する上で重要な財務、支払、運転資本、コネクティビティ(銀行、ERP等の接続)ソリューションへ変革を起こすためにCFO、財務部門、IT部門をサポートします。キリバは、セキュアで拡張性のあるSaaSプラットフォームであり、AIを活用し、決済ワークフローを自動化するとともに、多くの多国籍企業や銀行にとって、成長の最大化、不正・財務リスクに伴う損失の防止、運用コストの削減を実現します。顧客は、世界2,000社に上り、その中にはフォーチュン500企業およびユーロ・ストックス50企業の25%も含まれています。キリバは、年間13億以上の銀行取引、および年間総額15兆ドル相当の2億5000万件の支払を管理しています。
サンディエゴに本社を置き、全世界にオフィスを構えています。詳細についてはkyriba.jpをご参照ください。


img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら