財務用語集解説シリーズ

財務分析(資金予実分析)

財務担当者は国内外のキャッシュ・ポジション分析、流動性リスク分析、資金予実分析、など自社の資産に対する財務分析を行います。このページでは「資金予実分析」を解説します。

資金予実分析
年初作成した資金計画及び月初作成した資金予測と資金繰り実績を対比し、予測と実績の差異を把握し、分析します。資金繰りの予実差異分析により、差異の発生する項目(売掛や買掛、一般経費など)や会社・部門を把握し、資金予測の精度向上やキャッシュベースでの経営状況の把握に使用します。

正確な資金繰り予測を達成するための課題
資金繰り予測を行うことのメリットは十分に知られては いますが、しかしそれを実際に成功させるには、数多くの障害と課題があります。たとえば、最新かつ精密な情報の使用が不可欠なこと、次々と発生する数値変化に対応しなければならないこと、誤りや抜け漏れに対応しなければならないこと、それぞれの企業ニーズに合わせた管理をしなけ ればならないこと、などが挙げられます。

資金繰り予測のベストプラクティス
資金繰り予測の精度向上については、どの企業でも課題になっていることと思います。このホワイトペーパーでは資金繰り予測精度をなぜ向上すべきか、そして、どのように向上すべきかを詳しく解説します。ご不明点がありましたらお気軽にご相談ください。

img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら