img

ペイアブルファイナンス

(買掛金を根拠にしたサプライチェーンファイナンス)サプライヤーにとっての価値を創造し、サプライチェーン全体の健全性を向上するソリューション

image

運転資本の最適化

支払期限の延長や、より良い運転資本管理をサポートするキリバのサプライチェーンファイナンスソリューションは、CFOと戦略担当の上級役員が、フリーキャッシュフローを増大させたり、EBITDAを改善させたりするお手伝いをします。

キリバの堅牢なペイアブルファイナンス(買掛金を根拠にしたサプライチェーンファイナンス)プログラムは、拡張性のあるテクノロジー、専門家チーム、および運転資本の分析、プログラム設計、サプライヤー向けオンボーディングなどの主要なサービスで構成されています。

フリーキャッシュフローの増大と収益性の向上

キャッシュフローの増大と投資収益率の向上への強まる圧力に対応するために、キリバはバイヤーとサプライヤーの両方に利益をもたらすダイナミックディスカウンティングとサプライチェーンファイナンスソリューションを提供し、財務部門と調達部門が連携 して、運転資本の改善を実現できるようにします

img
サプライチェーンファイナンスとダイナミックディスカウンティングのビジネスケース
E-bookをダウンロード
img
play-icn
調査したところ、サプライチェーンファイナンスとダイナミックディスカウンティングは、すべての関係者にとって利益があることがわかりました。サプライヤーにとっては、請求書の透明性と支払の信頼性が向上します。バイヤーにとっては、手元資金を持てるようになります。
Kristopher R Kagan氏 Scientist.com社 ファイナンス担当シニアバイスプレジデント
img

サプライチェーンファイナンス

バイヤーとサプライヤーの両方が運転資本を自由に使えるようにすることで、企業は、リバースファクタリングとしても知られる、サプライチェーンファイナンスを活用できるようになります。

サプライチェーンファイナンスによって、サプライヤーは、承認された請求書を割引いて金融機関に「売却」できる柔軟性を得ることができます。割引率はバイヤーの信用リスクに応じて決まり、通常、サプライヤー自身で融資を受けるよりも安く資金を得ることができます。

サプライチェーンファイナンスプログラムは、多くの場合、バイヤーがサプライヤーの支払期限を見直しているときに活用されます。キリバの運転資本分析は、バイヤーが支払期限を評価、および標準化して、フリーキャッシュフローを増やすのに役立ちます。

サプライチェーンファイナンスは、企業のサプライチェーンを強化し、サプライヤーの不履行がもたらすかもしれない混乱を減らします。

サプライチェーンファイナンスにより、バイヤーは要求に従わないサプライヤーへ制裁を加えるのではなく、組織の持続可能性とサプライヤーにとっての金銭的インセンティブを結び付けることで、サプライヤーと友好関係を築きます。

img

ダイナミックディスカウンティング

早期支払によるディスカウントプログラム によって、バイヤーは、高いフリーキャッシュリターンを得ることができ、割引を通じて売上原価を削減し、利益とEBITDAマージンを増やすことができます。

サプライヤーとバイヤーは、両者にとって完全な透明性を持ち、必要なレポートが提供される形で、早期支払の請求書の選択、および承認を、直接キリバのポータル上で行うことができます。

企業のCSR(社会的責任)の目標を達成するために、ESG(環境・社会・ガバナンス)メトリクスを伴うダイナミックディスカウンティングプログラムを根付かせることが、売上の増加を助けます。

複数のプログラムタイプを同時にサポートすることで、バイヤーが余分な流動性を持っていない時に、第三者による資金提供を活用できるようにし、サプライヤーにシームレスな体験を提供します。

img

ハイブリッドダイナミックディスカウンティング

ハイブリッドダイナミックディスカウンティングプログラムは、1年のうち特定の期間において、自社の資金を使わずにサプライヤーへの早期支払を行う必要がある組織向けのソリューションです。

バイヤーが余分な流動性を持っていない期間に、第三者による資金提供を活用できるようにし、サプライヤーに早期支払に対するシームレスな体験を提供します。

サプライヤーは、バイヤーの資金状況に関係なく、滞りなく必要な流動性を得ることができます。さらに、バイヤーに余剰流動性がある時には、引き続き早期支払による利益を得られます。

laptop

参加したサプライヤー全社が、このディスカウントプログラムを肯定的に受け止めています。プログラムの可視性、容易性、透明性、独立性、および魅力度の観点からサプライヤーの期待に応えることができました。

某多国籍経営コンサルティング会社、小売りサービス CEO

ペイアブルファイナンス(買掛金を根拠にしたサプライチェーンファイナンス)のメリット

サプライヤーは、サプライチェーンファイナンスとダイナミックディスカウンティングによって、以下のメリットが得られます。

  • キャッシュフローの増加(DSO (Discount Pay Off)の削減)
  • 資金の可視化/予測の強化
  • 追加資金調達源へのアクセス
  • 請求書と支払に対する可視性の向上
  • サプライヤーとバイヤー関係の向上
  • 自社のサプライチェーンへの流動性注入

関連資料

img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら