PHCホールディングス 財務基盤としてキリバの「キリバ・エンタープライズ」を採用

Press Release

キリバ・ジャパン株式会社

2018年7月4日

 

PHCホールディングス

財務基盤としてキリバの「キリバ・エンタープライズ」を採用

 

グループ全体の持続的成長を支えるため、財務基盤の強化による財務管理の高度化を目指す

 

クラウド型財務管理ソリューションのリーダーである米キリバの日本法人、キリバ・ジャパン株式会社(本社東京都渋谷区 代表取締役社長:小松新太郎、以下「キリバ」)は、PHCホールディングス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:小谷秀仁、以下「PHCホールディングス」)が同社のグローバル財務管理システムとして、当社が提供する「キリバ・エンタープライズ」を採用したことをお知らせいたします。

■採用背景

PHCホールディングスは、2014年に設立した医療機器メーカーで、「医療機器」「ヘルスケアIT」「ライフサイエンス」の3つの事業をコアとして、より付加価値の高い製品・サービスの提供に努めています。2016年にはバイエルAGの糖尿病ケア事業(現在のアセンシア ダイアベティスケアホールディングス株式会社、以下「アセンシア」)を統合し、現在では世界125カ国以上に販路を広げています。

PHCホールディングスは、急速にグローバル展開する事業の持続的成長を支えるための財務管理体制の強化に向けて、「キリバ・エンタープライズ」の採用を決定しました。グループガバナンスおよび財務の流動性管理やリスク管理の高度化に対応すると同時に、M&A後の統合を円滑に進めるため、PHCホールディングスとして強固な財務基盤を確立することを目指しています。

PHCホールディングスは、財務取引を支えるITソリューションの検討に際し、①国内外における導入実績が多数あること、②グローバルかつマルチバンクでの接続実績が多く、取引銀行のソリューションと親和性が高いこと、③財務業務の高度化に応じたシステムの拡張性が高いというサービスの特徴もあり、買収したアセンシアへのキリバ・エンタープライズ導入と合わせて、今回グローバル全体の財務管理システムとして「キリバ・エンタープライズ」を採用するに至りました。

 

今回の採用では、資金の可視化、資金繰予測から始め、その後、為替管理モジュールを導入します。これにより、資金の変動をシステム上でリアルタイムに可視化、資金繰予測の精度の向上、為替リスクの低減が可能となり、経営基盤を強化することができます。

■導入メリット

今回の採用で、キリバ・エンタープライズが提供する主なメリットは以下の通りです。

  • 資金管理(可視化)— グローバルで保有する全銀行口座を日次で管理することにより、余剰資金の把握、不正機会を牽制することができる
  • 資金繰予測— 全社統一ルールにて一元管理することにより、資金繰予測の精度を向上できる
  • 為替管理— グループ全体のエクスポージャーとヘッジ率を一元的に可視化し、為替リスクを低減できる

PHCホールディングスの 宇田 昌弘 執行役員・最高財務責任者は、以下のように述べています。

「当社グループは、2014年のパナソニックグループからの独立後、独自の管理体制を一から作り上げて参りましたが、その後2016年のBayer AG糖尿病ケア事業の買収を経て、急速にグローバル化が進みました。日々のオペレーションを確実に遂行する体制は整えたものの、グローバル視点でのガバナンスは更に高度化する必要があると認識しております。キリバの提供するシステムはグローバル企業で選ばれており、財務管理のグローバルスタンダード化をサポートするツールだと認識しています。是非ともこのシステムを有効に活用し、当社グループの財務ガバナンスと財務基盤を強固なものに発展させたいと思います。」

 

【PHCホールディングス株式会社について】

PHCホールディングス株式会社は、2014年に設立し、傘下にPHC株式会社やアセンシア ダイアベティスケアホールディングス株式会社などを持つ医療機器メーカーです。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し豊かな社会づくりに貢献することを経営理念とし、医療機器、ヘルスケアIT、ライフサイエンスの3事業において、開発、製造、販売、サービスを行っています。2016年度のグループ連結売上高は1,874億円、世界125カ国以上のお客様に製品・サービスをお使いいただいています。2018年4月にパナソニック ヘルスケアホールディングス株式会社より社名変更しました。

URL:https://www.phchd.com/jp/

 

【キリバについて】

財務管理・資金管理システムをクラウドで提供しています。世界で1,800社以上の企業で採用されており、クラウド型財務管理ソリューションとして業界No.1の実績を誇ります。エクセルなど手作業による非効率な資金・財務管理業務を自動化し、管理主体の財務部門を戦略的な組織に変える支援を行います。米国Kyriba Corporation、株式会社サンブリッジコーポレーション、マーク・ベニオフ(セールスフォース・ドットコム社 会長兼CEO)、スティーブン・シン(コンカー社 創業者)が共同出資し、日本法人は2012年に設立されました。

 

キリバを活用してどのように会社に戦略的な付加価値を提供していくのかについては、[email protected] までメールをいただくか kyriba.jpにアクセスしてください。

 

※Kyriba、およびKyribaのロゴマークはKyriba Corporationの登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。

 

【本プレスリリースに関するお問合せ】

キリバ・ジャパン株式会社 マーケティング 大徳

Tel: 03-6321-9454