キリバ・ジャパン、ユーザーコミュニティ発足

Press Release

キリバ・ジャパン株式会社

2018年12月10日

キリバ・ジャパン、ユーザーコミュニティ発足

~ 財務管理の高度化に向けた知見と経験を集約、共有できるプラットフォームを構築 ~

 

クラウド型財務管理ソリューションのリーダーである米キリバの日本法人、キリバ・ジャパン株式会社(本社東京都港区 代表取締役社長:小松新太郎、以下「キリバ」)は、ユーザー同士のネットワーク構築を目的とし、ユーザーが主体となって運営するコミュニティ「キリバ・ジャパン ユーザー会」を発足したことを発表いたします。

 

 昨今、企業のグローバル化やM&A増加を受けて、海外でのリスクが増大する環境下において、リアルタイムでの資金管理の重要性やグローバルレベルでのガバナンス強化のニーズが急速に拡大。日本企業の財務管理の高度化への関心が高まっており、キリバの導入数が50社を超えています。

日本CFO協会と共同で企業の財務部門を対象に実施した「事業のグローバル化に伴う財務・リスク管理体制の実態と課題」の調査結果によると、「CFOが課題解決をしていく上で必要となる経営資源」として、「人材」が最多(91.4%)、次いで「IT・情報化」(51.5%)が挙げられています。グローバルに対応する日本企業の課題解決を担う人材の重要性と、課題を解決していくための「手段」や「ツール」に対するニーズが浮き彫りになっています。

 

 キリバはこの度、日本の財務分野が直面する課題対策の一環として、またユーザー企業同士の意見交換の場を求める導入企業からの要望に応じ、「キリバ・ジャパン ユーザー会」を発足。ユーザー企業間の情報や意見の交換をサポートすると共に、キリバのサービスに対するニーズを把握し、サービスに反映していくことを目指します。

 

活動内容は下記の通りです。

  ユーザー総会(年1回)

  定例会(3~4回/年)

  • 外部講師による勉強会
  • 自社事例発表会
  • 製品アップグレードに関する新機能説明会
  • 海外事例現地視察

 

■参画企業(一部抜粋・順不同)

コニカミノルタ株式会社(幹事)、ヤンマーホールディングス株式会社(幹事)、株式会社荏原製作所、日東電工株式会社、DIC株式会社、株式会社日立ハイテクノロジーズ、バンドー化学株式会社、株式会社島津製作所、ローランドディージー株式会社

 

第1回目の会合(東京開催)は2018年12月13日(木)に開催予定です。

 

本取組みについて、キリバ代表取締役の小松新太郎は次のように述べています。

「弊社が提供している企業様向け財務管理領域サービスの市場はまだまだ小さく、『経理・財務』で括られることが多く、伝統的に経理には大きなコンピュータ投資が行われてきた半面、財務領域への投資は控えられてきたというのが現状です。財務管理領域の高度化と経営に貢献する財務部門を目指す先進的なお客様が日本において50社を超えた今、キリバ・ジャパンおよびキリバコーポレーションは、お客様同士の交流と情報交換を通して自社の財務業務の高度化と、財務人材育成に寄与することを目的とするユーザー会を全力で支援いたします。この度の発足をサポートできることを大変光栄、かつ喜ばしく感じております。また、この会より出されるご意見をキリバのサービスの向上と製品開発に活かし、日本企業の財務業務高度化の一翼を担えれば幸いです」

 

【キリバについて】

財務管理・資金管理システムをクラウドで提供しています。世界で2,000社以上の企業で採用されており、クラウド型財務管理ソリューションとして業界No.1の実績を誇ります。エクセルなど手作業による非効率な資金・財務管理業務を自動化し、管理主体の財務部門を戦略的な組織に変える支援を行います。米国Kyriba Corporation、株式会社サンブリッジコーポレーション、マーク・ベニオフ(セールスフォース・ドットコム社 会長兼CEO)、スティーブン・シン(コンカー社 創業者)が共同出資し、日本法人は2012年に設立されました。

 

キリバを活用してどのように会社に戦略的な付加価値を提供していくのかについては、[email protected] までメールをいただくか kyriba.jpにアクセスしてください。

 

※Kyriba、およびKyribaのロゴマークはKyriba Corporationの登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。

 

【本プレスリリースに関するお問合せ】

キリバ・ジャパン株式会社 マーケティング 大徳

Tel: 03-4590-6618