アジア太平洋で急成長するキリバ、グラブやダノンなど多国籍企業と契約

Press Release

キリバ・ジャパン株式会社

2018年9月19日

アジア太平洋で急成長するキリバ、グラブやダノンなど多国籍企業と契約

日本を含むアジア太平洋で100社以上のクライアントを保有

 

シンガポール、2018919 クラウド型のトレジャリーおよび財務管理ソリューションを提供する世界最大手のベンダーであるキリバは本日、東南アジアの大手O2Oモバイルプラットフォームであるグラブ、世界最大規模の食品飲料企業ダノン・アジアとの契約締結を発表しました。 両社は、グローバルな財務業務の集約と自動化を図り安全性を確保するためキリバを選びました。 キリバは現在、日本を含むアジア太平洋地域で100以上のクライアントを抱え、当社の法人用プラットフォームに対し今後も世界的に堅調な需要が見込まれます。キリバは今年の夏、2018年上期の売上高が前年同期比  48%増を記録したことを発表しました。

国際通貨基金は先日発表した「アジア太平洋地域経済見通し」で、市場の変動は続くものの、アジア太平洋地域の見通しは2018年に更に好転すると報じました。 同報告書によると「アジアは今年、5.5%前後の成長を達成すると見込まれ」ます。

グラブ財務部長のシン・フェイ・ゴーは、次のように語っています。「数種類のクラウドソリューションを検討した結果、財務部門の生産性向上、質の高い資金管理、キャッシュポジションの正確な可視化を可能にする最善の選択として、キリバを選びました。キリバを採用することで、よりスピーディに市場の変動に適応し、我が社の戦略的な成長目標を達成しやすくなるでしょう」

グラブとダノン以外にも、アジア太平洋地域の数々の業界大手企業が、成長機会の加速、損失回避、不正防止とコンプライアンス向上のためキリバの製品を採用しています。CWT、グリーン機構基金、LIXIL、トランスファートゥー、タンチョン・モーター、コニカミノルタ、JVCケンウッド、横浜ゴム、日清食品などがその一例です。

ダノンのアジア太平洋地域財務部長のカルヴィン・リーは、次のように語っています。「シンガポールの地域センターと連携してアジア太平洋全域の拠点を管理するため、近代的な財務管理プラットフォームを求めていました。キリバは、急激な環境の変化の中でワークフローと制御点を確保する技術ソリューションを、提供してくれます」 

キリバのジョンルーク・ロバート会長兼CEOは、次のように述べています。「アジア太平洋の急成長企業の財務経理部門トップは、キリバを通じて急激な経済成長のチャンスを活かすことができます。キリバは、多くの企業に財務部門のデジタル変革を促すきっかけを作ります。自動化、集約化、可視化、確実な管理を通じて、CFOと財務部門は競争に打ち勝つ圧倒的な強みを手にできます」

キリバは、9月19日に香港で開催されるACT アジア財務リーダーフォーラム2018 (香港コンベンション・アンド・エキシビション・センター)、9月20日にシンガポールで開催されるACTS & ATC財務フォーラム2018 (マリーナ・ベイ・サンズ)に参加します。詳しくは会場でお問い合わせ下さい。

 

キリバについて

資金・リスク管理、決済、サプライチェーンファイナンス用の受賞歴あるソリューションを提供し、財務部門を支援しています。現代の複雑な財務課題に対応するため、100%SaaS対応型の安全な法人用プラットフォーム、銀行との高度な接続性、シームレスな統合ソリューションを提供しています。世界の最大手企業を含む多くの企業が、主要プロセス効率化、詐欺・サイバー犯罪による損失防止、意思決定の支援を通じた成長機会の推進のためキリバを利用しています。ニューヨークに本社を構え、サンディエゴ、パリ、ロンドン、東京、ドバイなど各地にオフィスを展開。

 

キリバを活用してどのように会社に戦略的な付加価値を提供していくのかについては、[email protected]までメールをいただくかkyriba.jpにアクセスしてください。

 

【本プレスリリースに関するお問合せ】
キリバ・ジャパン株式会社 マーケティング 大徳
Tel: 03-4590-6618