グローバルな支払の集約へと変革を遂げたアムウェイの取り組み


  • 創立
    1959年
  • 業種
    消費財
  • 本社
    ミシガン(米国)
  • 売上高
    売上高
    80億ドル
  • 従業員数
    従業員数
    16,000人
アムウェイ社について

アムウェイは世界ナンバー1のダイレクトセリング企業です。世界100以上の国と地域で消費者向け製品を販売しています。

PDFダウンロード

アムウェイの事業のグローバルな性格と持続的な成長は、数多くの強みをもたらす一方、財務機能に様々な課題も生みだしました。アムウェイは80カ国以上で事業を運営していましたが、資金繰り管理のため200以上の現地銀行を使用し、50の銀行が支払の申請と実行を行っていました。ソースシステムとの銀行接続性の維持に大きな負荷がかかり、財務部門は、増大するビジネスニーズに対応するため、グローバル支払システムを変革する必要があると考えました。

彼らがこの結論に達した背景として、次の課題があげられます。

  •  グローバルな支払の透明性の欠如
  • 支払管理が国毎にばらばらで一貫性がない
  •  支払が共通のサービスオペレーションと連動しておらず、非効率
  • 支払不正、支払詐欺のリスクの高まり
  • ソースシステムのため多数の銀行接続が必要

この課題を解決するため、アムウェイは、支払変革プロセスの目標を定め、ニーズ分析後、財務管理システムとしてキリバを採用し、最善の支払プラットフォームの要件を記した技術ロードマップを含め、全く新たなグローバル支払ワークフローを設計しました。

「いくつものERPにまたがり細分化されたグローバル支払プロセスを標準化し、自動化、内部統制強化、さらなる可視化を実現しました」

ジャニス・ミンター
シニアトレジャリーアナリスト
アムウェイ

 

アムウェイは、グローバル支払の管理方法を変革するという偉業をやってのけました。3つの地域別シェアードサービスセンターでの支払の一括管理は、各国の知識に頼る縦割り型の支払からの大きな転換でした。ローカルな銀行ポータルやプロセスが、キリバの支払テクノロジーに取って代わりました。支払に使用する銀行の数が半減しました。アムウェイは、支払プロセスの見直しを通じてコスト節減と経営効率を推進できました。この功績が評価され、同社は2019年Silver Alexander Hamilton Award(運転資本・支払部門)を受賞しました。

img
アクティブ
リクイディティ
ネットワーク

流動性を画期的な方法で使用し、成長と価値創造のためのダイナミックな手段として使用しましょう

キリバの方法を見る