ダッソーシステムズ社 – 成功事例


  • 創立
    1981年
  • buildings icon
    業種
    Mobility
  • 本社
    Vélizy(フランス)
  • 従業員数
    従業員数
    13,974人
  • 売上高
    売上高
    €3 billion
ダッソー・システムズ

ダッソー・システムズ(www.3ds.com)は、3D エクスペリエンス企業として、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする
同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140 カ国以上、あらゆる規模、業種の21万社を超えるお客様に価値を提供しています。

Download PDF

ダッソーシステムズ社 グループ資金管理・財務担当シニア・ディレクター John Colleemallay氏 インタビュー

グローバルな企業が、キリバの100% SaaS テクノロジーを活用して財務・資金管理を高度化し、大きな財務パフォーマンスを実現

ダッソー・システムズの財務・資金管理の自動化プロジェクトの概要と主な特徴を教えてください。
弊社の財務・資金管理業務をグローバルで統一するプロジェクトは、半年以上前に始まりました。その戦略目標は、まず、世界全体を見て弊社の取引銀行とその取引内容を再整理し合理化した上で、グローバルで簡単に実装できる資金管理ソリューションを一つ、選択することでした。
弊社は、キリバをソリューション・プロバイダーとして選びました。

キリバを選択した理由は何ですか?
キリバ独自のSaaS テクノロジーは、効率的に導入でき、拠点展開や運用を最も確実かつ柔軟に行え、効果が見込めるものであり、それが弊社にとって非常に重要だったからです。

数値で見る結果

140ヵ国

運用している国々

10倍

利回り実績

97%

資金可視化率

導入の地理的範囲を教えてください。
米国、EMEA、アジアの財務・資金管理センターで直接使用できるようにシステム展開しました。
これらを合わせると、140 カ国に及ぶ弊社のグローバルなビジネスネットワークを網羅できます。

キリバのクライアントサービスについて貴社のご経験をお話しください。
キリバチームは、導入や稼働後のサポートに関するプロフェッショナル・サービスを提供するにあたって、先を見越して機動的に動いてくれました。プロジェクト当初は、このチームはかなり小さなものでした。メンバーは非常に精力的で、大変に柔軟に対応してくれました。現在、キリバは成功し企業として成長していますが、その特長である柔軟性と高品質のサービスを維持し続けてほしいと考えています。私はキリバのシニアマネジメントに対して、この重要なポイントを特にお伝えしたいです。

貴社が現在、キリバのシステムを実装した結果得ている主なビジネス上の利点について、いくつか説明してください。
弊社では、資金管理の一元化および全世界的なキャッシュプーリングの導入により、非常に重要な財務・資金管理プロセスの改善を行いました。これを行うまでは、資金の可視化のレベルは66% でしたが、現在は97% に上がっています。

資金可視化プロジェクトの導入にはどのくらいの期間がかかりましたか?
欧州と米国での導入の第1 段階の実現には、たった3 カ月しかかかりませんでした。キリバのSaaS テクノロジーは、高いレベルの品質保証があり、ビジネスプロセスの合理化を実現してくれます。

資金可視化のレベルを強化したことは、貴社の財務・資金管理や事業活動にどのような影響を及ぼしましたか?
利用可能なフリーキャッシュの金額について、明確に把握できるようになりました。弊社はキャッシュリッチな会社で、現在、高いレベルで可視化できていることで、資金投資を一元化し、企業買収資金調達のための流動性を迅速かつ正確に担保できるようになりました。

資金投資業務の最適化における貴社の主要業績評価指標(KPI)のメトリクスについて教えていただけますか?
現在、弊社では、余剰資金の一元的なプールを積極的に運用することにより、翌日物金融市場の利回り実績を10 倍上回ることができます。 簡単にいえば、翌日物のROI が約0.1% なのに対し、弊社のポートフォリオでは約1% のROI を実現しているため、ポートフォリオの利息収入は、約10 億ユーロと大幅に向上しました。

貴社の投資方針について簡単に説明してください
弊社では、最長1 年満期で投資することにより、利回りを強化しようとしています。利用するのは定期預金とCD で、弊社の方針では資本リスクを事実上ゼロに抑えるように求めていることから、格付が最も高い相手先にしか投資をしません。

ではテクノロジーについてお伺いしますが、SaaS の具体的な機能と利点のうち、貴社にとって最も重要なものをいくつか教えてください
キリバのソリューションが備えているデータ保護のレベルには非常に満足しています。データベースは保護され、暗号化されています。もちろん、弊社自体もテクノロジー企業であり、キリバへの委託業務の一部には、弊社のIT チームがテストを行うことも含まれていました。このシステムは弊社の侵入テストに合格し、高度な堅牢性とセキュリティが確認されました。このシステムでは、SaaS アーキテクチャにより非常に迅速に拡張やアップグレードができ、そのことは、例えば財務・資金管理業務に十分な技術リソースを確保することにつながります。弊社のSLA には、リソース提供保証が含まれています。SaaS 関連のその他の利点としては、社内IT へ依存せずに弊社の財務・資金管理の作業を行えますので、業務効率の向上につながっています。

キリバのアップグレードに関する貴社の経験について教えてください。
キリバの機能のアップグレードはうまく効率的に行えました。キリバが強力な品質保証をしてくれるうえ、アップグレードの計画や時期を確定する前に、顧客と話し合って新たなリリースについて説明してくれますし、顧客の要求事項について耳を傾けてくれます。このような柔軟性があるので、財務・資金管理業務において予想されるピークタイムを回避することもできるのです。

img
アクティブ
リクイディティ
ネットワーク

流動性を画期的な方法で使用し、成長と価値創造のためのダイナミックな手段として使用しましょう

キリバの方法を見る