【7月申込受付中!】財務部門にもIT部門にもうれしいERPとキリバの組合せセミナー(7/21)

日本において、特に会計領域においてERPの導入が広く浸透する中、これまで財務領域はデジタル投資から取り残されてきましたが、グローバルビジネスの拡大や新型コロナウイルスの感染拡大をトリガーにしたリスク対策、BCP対策の強化などから、財務においてもデジタル化の検討に本格的に取り組むお客様が多くなっています。

そして、そんなお客様から「すでにERPを導入しているが、TMSとの役割分担について教えてほしい」「ERPの導入も予定しているが、TMSで何が出来るのか、ERPで出来ることとどう違うのか」といった内容の問い合わせをいただく機会が増えています。

そこで、本セミナーではERPとキリバTMSの違いや役割分担、そして、両方を組合せて使うことによる財務部門にとってのメリット、さらにはIT部門にとってのメリットについてご紹介します。

特に、以下のような方にお勧めです。
・ERPを導入済みだが、ERPがどんなものかちゃんと話を聞いたことがない方
・財務部門がTMSを検討しているが、ERPにどんな影響があるのか心配されている方

財務業務に特化した内容ではありませんので、財務部門の方だけでなく、IT部門の方や経理、IR、監査など、様々な部門からのたくさんのご参加をお待ちしております。

日 時:2020年7月21日(火)15:00〜16:10
参加費:無料
主 催:キリバ・ジャパン株式会社

■プログラム
15:00-16:00
1)ERPとキリバTMSの役割分担と連携
・ERPが変えたかったこと、TMSが変えようとしていること
・会計に活きるERPの強みと財務に必須のTMSの特長
・ERPとキリバの連携
2)ERPのプロセスを補完するキリバTMS
3)ERPとTMSを活用した財務業務の効率化と高度化

16:00-16:10
-質疑応答
-アンケート記入

続きを読む
img
エンタープライズ
リクイディティ

流動性を活性化し、企業の成長と価値創造につなげます

詳細はこちら