よくあるご質問

資金・流動性管理とは何ですか?

資金・流動性管理には、資金ポジショニング、資金繰り予測と照合、インハウス・バンキング、銀行取引の仕訳入力の生成、総勘定元帳への取引の転記、銀行取引と会計仕訳の照合など、多数のタスクがあります。これらのタスクはすべて組織の資金を明確に可視化するために必要です。可視化は、重要な財務上の意思決定と戦略的なビジネス目標をサポートするために必要なのです。

詳しくはこちら

資金の最適化

場所、通貨、流動性ポジションなど、組織の資金ポジションを可視化することは極めて重要です。異なる地域のすべての銀行にまたがるグローバル資金の全体像をタイムリーかつ正確に把握することで、財務部門はより正確な予測を行い、信頼性を高めることができます。これを達成するためには、市場をリードするテクノロジーを活用することが勧められます。

資金と流動性を適切に管理するためには、以下のようにな機能を提供するテクノロジーを活用する必要があります。

•  現金ポジショニング
•  資金繰り予測と照合
•  社内銀行
•  銀行取引の仕訳入力の生成
•  総勘定元帳への取引の転記
•  会計エントリとの銀行取引照合

資金管理と予測

テクノロジーを活用して組織における日次資金ポジションの準備と照合を自動化すれば、財務担当者は一日の始めに資金ポジション・ワークシートを使用し、銀行残高および取引を通常のワークフローと組み合わせることで資金ポジションを視覚化できます。一日の始めにこの情報にアクセスできれば、財務部門は、グローバル資金繰り予測を構築して分析するために、より多くの時間を費やせます。また、テクノロジーを継続的に使用すれば、予測を任意期間の実績と比較し、予測の精度を向上させることができます。

関連資料

img
アクティブ
リクイディティ
ネットワーク

流動性を画期的な方法で使用し、成長と価値創造のためのダイナミックな手段として使用しましょう

キリバの方法を見る