よくあるご質問

運転資金管理とは何ですか?

運転資金管理は、フリー・キャッシュフローと純利益の増加を促進して既存の債務に対応すること、あるいは配当と買戻しを通じて株主価値を分配することを指します。

企業は、ダイナミック・ディスカウンティングやサプライチェーン・ファイナンスなどの早期支払プログラムを活用して、資金の余剰や不足に対応し、運転資金管理を改善し、流動性に起因するサプライチェーン中断リスクを軽減できます。

詳しくはこちら

運転資金ソリューションとしてのダイナミック・ディスカウンティング

未払日数(DPO)を延長するためにサプライヤーへの支払を遅らせるという圧力が高まる中、ダイナミック・ディスカウンティングを使用するサプライヤーは、自身の資金コストを抑えながら、割引または融資手数料と引き換えに早期支払を受けることができます。

ダイナミック・ディスカウンティング・プログラムは、余剰資金と流動性の高い低利回り短期投資の代替として、リスクのない投下資金対効果を得られるものを探している企業に最適です。ダイナミック・ディスカウンティングによる運転資金ソリューションを利用することで、サプライヤーは自社の運転資金を増やして生産効率を高め、成長を促進できます。

運転資金ソリューションとしてのサプライチェーン

サプライチェーン・ファイナンス(SCF)はリバース・ファクタリングとも呼ばれ、サプライヤーはこれを利用してDPOを延長できるため、支払期間を延長してキャッシュフローを増やしたいと考える組織に最適です。

金融機関のためのサプライチェーン・ファイナンス

特に金融機関は、法人顧客にサプライチェーン・ファイナンス・プログラムを提供することでメリットがあります。このようなプログラムを採用する金融機関は、他社との差別化を行い、法人顧客との関係を向上させることができます。

銀行がテクノロジー・ベンダーと提携して、サプライチェーン・ファイナンス用のホワイトラベル・プログラムを作成することはよくあります。銀行がベンダーと提携する理由には、SaaS環境では技術的なハードウェアとサポートが必要でないこと、(バイヤー、資金提供者、および管轄要件によって)詳細まで構成してプログラム用に簡単に調整できること、ファイルの読込、電子通知、販売提案、購入、期日前支払、最終決済を行えることなどがあります。

適切なソリューションの選択

サプライチェーン・ファイナンスとダイナミック・ディスカウンティングのいずれのプログラムを使用している場合でも、運転資金管理を成功させるためには適切なソリューションを採用することが非常に重要です。これらのプログラムをサポートするソフトウェアとベンダーを評価する際は、専門家チーム、マルチファンダー・プラットフォーム、プログラムの柔軟性、サプライヤー・オンボーディングに加えて、資金可視化、予測、支払、事前構築されたERPを含む完全なワークフローを備えたソリューションを探すことが不可欠です。

関連資料

img
アクティブ
リクイディティ
ネットワーク

流動性を画期的な方法で使用し、成長と価値創造のためのダイナミックな手段として使用しましょう

キリバの方法を見る