【終了】5月18日(金)為替リスク管理セミナー「今年大きく動く金融市場と考え方」

2018/4/20

 2018年は10年前のリーマンショックからの金融危機と同等の金融危機が発生する恐れがあると言われています。米国の影響力が後退しそれによって生じた空白を中国が埋めようとする中で、米中間の緊張が高まることが最大の不透明性だとし、これが経済にも影響する公算が大きいと指摘されています。米中の貿易戦争の恐れから、金融市場の動きが活発になると考えらます。

本せミナーでは帝京大学の宿輪教授より「今年大きく動く金融市場と考え方」、バンク・オブ・アメリカ メリルリンチディレクターの山田様より「2018年度の主要通貨見通し」というテーマでそれぞれ、変化の激しい金融市場の同行についてお話をいただきます。

 

 

開催日時:2018年5月18日(金) 15:30~(受付開始15:00)

開催場所:東京都千代田区丸ノ内2-4-1 丸ノ内ビルディング21F ブルームバーグ L.P. セミナールーム (MPR)

参加対象:事業会社の経理・財務部門の方、為替関連業務の方(金融機関・SIerの方はお断りする場合がございます)

費  用:無料 

 

満席につきお申し込みを終了いたしました。

 

詳細と参加お申し込みはこちらから>>>