ユースケース

支払の集約

支払業務を一元化して資金と運転資金を最適化し、不正を防止します。

デモ動画を見る
img
img

資金と運転資金を最適化する必要があること、そしてサイバー犯罪と不正支払の脅威が増大していることを考えると、企業における支払の一元化の必要性は高まるばかりです。ペイメントハブを使用すれば、こうしたニーズに対応して複数の支払の流れを統合できます。

詳しくはこちら
img

効果的な支払の一元化

支払を効果的に一元化するための主要なコンポーネントは4つあります。

logo

支払ルーティング

さまざまなフォーマットと承認レベルに対応するために、支払ルーティングが柔軟性を備えていることは重要です。

logo

フォーマット変換

ERPで事前フォーマットが行われていない支払については、銀行チャネル、支払種別、および受取場所に基づいて、ペイメントハブで支払をフォーマットし直す必要があります。

logo

リアルタイムに不正を検知

不正な支払の増加に伴い、すべての支払をペイメントハブでデジタル化されたバージョンの支払ポリシーと照合し、リアルタイムにスクリーニングすることが欠かせなくなっています。

logo

グローバルな銀行接続性

支払を一元化するには、統合されたエンド・ツー・エンドの銀行接続性が必要であり、これにより、自動化とセキュリティを確保しながらコストとスケーラビリティを最適化できます。

ペイメントハブの利点

ペイメントハブを使用して支払を一元化すると、財務部門や経理部門からIT部門に至るまで組織全体にメリットがあり、これらの部門はより多くの時間を戦略的取り組みに費やすことができるようになります。

img

コスト削減

ペイメントハブで支払を一元化することにより、財務部門は各銀行に接続しなければならないシステムの数を減らせます。これにより、銀行サービス料金、ソフトウェア・コスト、およびITリソースを増やさずに、コストを大幅に削減できます。

img

責任の一元化

単一のペイメントハブシステムを使用して支払を一元化すれば、ワークフロー全体を1か所で管理できます。 すべての支払が銀行への最終送信前に一元化されるため、単一のチームが責任を負うことになり、間違いや未許可支払のリスクを低減できます。

img

不正の検知

ペイメントハブを使用すると、すべての送金が制裁リストおよび支払ポリシーとの照合によってスクリーニングされ、許可を受けた支払のみが承認されて銀行に送金されます。

img

グローバルな可視化

支払の一元化により、すべての送信キャッシュフローを完全に可視化し、資金残高を最適化できます。また、財務担当者は資金と流動性をどこに配分するかを、より効果的に決めることができます。

img

ITへの依存を軽減

ペイメントハブはクラウドでホストされ、銀行フォーマットを生成して、統合された銀行接続を行えます。したがって、この方法で支払を一元化すると、ITリソースに依存しなくて済むようになります。ファイナンスチームは、IT部門の力を借りずに銀行接続の構築と保守を行い、既存の銀行関係を簡単に変更し、新しい銀行を追加し、銀行フォーマットを更新できるのです。

関連資料

img
アクティブ
リクイディティ
ネットワーク

流動性を画期的な方法で使用し、成長と価値創造のためのダイナミックな手段として使用しましょう

キリバの方法を見る