ユースケース

不正防止

不正とサイバー犯罪から組織をより強固に守りましょう。

デモ動画を見る

標準の支払統制をより広範囲で有効にし、疑わしい支払いを阻止します。

img
img

犯罪者によるハッキングの手口が巧妙さを増す中、財務部門にとって、不正リスクから組織を強力に保護するポリシーと手順を設計することは不可欠です。

このためキリバは、効果的な財務統制によって企業が不正を防止できるようサポートすることに注力しています。

laptop

82%の組織が、不正行為またはその試みの標的になったことがあると報告しています。

出典: アソシエーション・オブ・ファイナンシャル・プロフェッショナルズ

不正の防止と検出

スプレッドシートに依存すると、財務部門だけでなく組織全体で財務不正のリスクが高まります。

キリバは、企業が不正やサイバー犯罪のリスクを防止・検出できるように、以下のような方法で支援します。

  • img

    銀行業務と署名者の一元的な可視化

  • img

    資金活動と支払確認の日次および日中の実行をサポート

  • img

    支払承認プロセスの標準化

  • img

    社内財務方針とベスト・プラクティスの適用

  • img

    財務統制と情報セキュリティ・ポリシーの整合

img
img
管理は、不正行為があった場合に財務機能をロックするために非常に重要です。キリバのおかげで当大学のセキュリティと効率は格段に向上したため、当大学は義務を果たし、グローバルな成長を促進することができます。
大規模な私立大学のアシスタント・トレジャラー 成功事例を読む(英語)
img

支払不正の低減

不正は企業の収益と投資家の信頼に対する脅威であり続け、不正のリスクは増大する一方に見えます。しかし、支払不正のリスクを軽減するためのベストプラクティスの仕組みを実装すれば、こうした懸念を軽減するのに役立ちます。

ハケット・グループによれば、不正のリスクを最小限に抑えるための最良のアプローチは以下のようなものです。

  • 包括的で強制力のある支払ポリシーとルール
  • 不正防止検知の手順の実装
  • 支払プロセスの自動化とデジタル化
img
「CFOは支払不正のリスクをどのように軽減できるか」をダウンロードする
E-bookをダウンロード

より適切な意思決定を可能に

スプレッドシートに依存し、銀行ポータルを使用する財務管理では、財務部門を標的にする高度なソーシャル・エンジニアリング詐欺に対抗して保護を行うことはできなくなっています。

このため、財務部門は、支払ワークフローと財務プロセスの保護を強化するだけでなく、適切な統制を敷き、その統制の有効性を評価するための適切な文書を確実に用意しておく必要があります。

統制を改善し、不正やサイバー犯罪と戦うために、財務部門は最低でも以下を用意する必要があります。

  • 標準化されたワークフロー
  • 多要素認証
  • ワークフロー承認でメールと手作業の手順を排除
  • 完全な職務分掌による社内不正の低減
  • 中央管理センターによるリアルタイム監視
  • データの送信中と保存中の暗号化
  • 財務全体の監査証跡

キリバはこれらを始めとする多数の機能をご提供し、組織の財務プロセスが情報セキュリティ・ポリシーに準拠し、ミスや不正行為に対して確実に最大限の保護が適用されるようにします。このようなセキュリティがなければ、組織は不要なリスクにさらされてしまします。

関連資料

img
アクティブ
リクイディティ
ネットワーク

流動性を画期的な方法で使用し、成長と価値創造のためのダイナミックな手段として使用しましょう

キリバの方法を見る