ユースケース

運転資金の最適化

運転資金を最適化して成長と生産性を推進します。

デモ動画を見る
img

企業は、成長、既存債務への対応、配当または株式買戻しを通じた株主価値分配のために資本を必要とします。運転資金を削減する1つの方法は、それを最適化することです。運転資金サイクルに拘束される資本が少ないほど、成長を促進し、株主価値を創出するために利用できる資金が増えます。

詳しくはこちら
img
img

サプライチェーンファイナンス

運転資金に拘束される資本を流通させるために、組織はサプライチェーンファイナンス(リバースファクタリングとも呼ばれる)を利用できます。

サプライチェーンファイナンスの仕組みを利用すれば、サプライヤーは、承認済みの請求書を金融機関に割引価格で「販売」できるため、柔軟性が高まります。割引率はバイヤーの信用リスクに応じて時間の経過とともに変わり、事前に合意されます。

資金調達の代替手段としてサプライチェーンファイナンスを使用すると、バイヤーは支払期日を先に延ばしてもらい、余剰資金を増やせます。

laptop

キリバ顧客の24%が、キリバを選択したことによるビジネス上の最大の利点は、運転資金管理の改善であったと述べています。

出典: TechValidate, 2019
img
img

ダイナミックディスカウンティング

早期支払割引プログラムにより、バイヤーは余剰資金から高いリターンを得ることができます。

標準の手動割引プログラムからダイナミック・ディスカウントによる広範な割引に移行する主な利点は、可能なすべての割引機会をスライディング・スケール・モデルで捉えることによって、コストを最大化し、投資に利用できる余剰資金の量を増やせることです。

スライディング・スケールでは支払期日に近づくにつれ割引がゼロに近づき、バイヤーは、支払処理能力と余剰資金アベイラビリティの両方に見合う支払日を選択できます。

ダイナミック・ディスカウンティング・プログラムの仕組みを利用すると、バイヤーはより大きな割引を得てコストを削減し、最終的に利益とEBITDAマージンの拡大に結び付けることができます。

運転資金ソリューションの利点

サプライヤーにとって、サプライチェーンファイナンスとダイナミックディスカウンティングの両方が以下の利点につながります。

  • キャッシュフローの向上(サプライヤーDPOの削減)
  • 資金の可視化/予測の改善
  • 追加資金源へのアクセス
  • 信用格付けに応じた資金繰りコストの削減
  • サプライヤーの負債基準に影響を与えない、バランスシート外の資金繰り
  • コストなしで送金情報を入手、売掛金の照会が減少

バイヤーにとって、サプライチェーンファイナンスとダイナミックディスカウンティングの利点はやや異なります。両方のプログラムにより、資金の可視化・予測が向上し、買掛金の照会が減少し、サプライヤーとの貴重な関係が向上します。

サプライチェーンファイナンスにより余剰資金が増加し、銀行関係の向上にもつながります。一方、ダイナミックディスカウンティングにより、短期投資でリスクなしにリターンが大幅に増加し、粗利益が改善し、COGSが削減されます。

関連リソース

img
アクティブ
リクイディティ
ネットワーク

流動性を画期的な方法で使用し、成長と価値創造のためのダイナミックな手段として使用しましょう

キリバの方法を見る