資金管理

【財務用語解説シリーズ】 キャッシュ・マネジメント・システム(CMS)

1.キャッシュ・マネジメントとは

キャッシュ・マネジメント・システムという用語に統一的な定義があるわけではありません。邦銀では主に国内の事業法人向けのグループ会社間の決済取引の効率化や流動性管理の高度化のためのキャッシュ・プーリングやグループ貸借管理、ネッティング、支払代行等のソリューションをCMS(Cash Management System)と呼び、クロス・ボーダー取引に関する同様のソリューションをGCMS(Global Cash Management System)と呼ぶ場合が多いようです。これに対し、欧米の銀行はこれらにとどまらず、以下のような決済取引や運用調達取引まで含めて国内外を区別することなくキャッシュ・マネジメントと呼ぶ場合が多いようです。

欧米でのキャシュ・マメネジメントの対象

未公開
RSS - 資金管理 を購読